安陸府(あんりくふ)は、中国にかつて存在した元代から民国初年にかけて、現在の湖北省荊門市一帯に設置された。

概要編集

1278年至元15年)、元により郢州が安陸府に昇格した。安陸府は河南江北等処行中書省に属し、長寿京山の2県を管轄した[1]

1376年洪武9年)、により安陸府は安陸州に降格した。1531年嘉靖10年)、安陸州は承天府に昇格した。承天府は湖広省に属し、直属の鍾祥・京山・潜江の3県と荊門州に属する当陽県沔陽州に属する景陵県、合わせて2州5県を管轄した[2]

1646年順治3年)、により承天府は安陸府と改称された。安陸府は湖北省に属し、鍾祥・京山・潜江・天門の4県を管轄した[3]

1913年中華民国により安陸府は廃止された。

脚注編集

  1. ^ 元史』地理志二
  2. ^ 明史』地理志五
  3. ^ 清史稿』地理志十四