定置網(ていちあみ、fixed fishing net、単にfixed netあるいはset netと呼ばれることもある)とは、定置網漁に用いる固定式漁具の一種。なお小型のものは水生生物の調査器具でもある[1]

富山県射水市沖の定置網

漁具編集

袋状又は垣根状の魚網とそれを海底の一定の場所に固定・留置する杭やロープから構成される。漁具の主部である魚網の内部に滞留させた魚群を、網ごと引き上げたり、船上から刺し網などで捕獲する。

漁業法では、定置網漁とは水深27m以上の海域に設置された定置網を用いるものとされている。しかし現在でははるかに深い水深100m以上に設置されている定置網もある。

2002年の世界定置網サミットが縁となり、2005年から国際協力でタイへの「越中式定置網」の技術指導が行われた[2]

調査器具編集

小型のものに水路等に設置して移動する魚や水生昆虫を捕獲する調査器具の定置網がある[1]

脚注編集

  1. ^ a b 野外調査”. 農林水産省. 2020年2月2日閲覧。
  2. ^ 400年の歴史 越中式定置網を世界へ - JICA北陸