宜興市(ぎこう-し)は中華人民共和国江蘇省無錫市に位置する県級市

中華人民共和国 江蘇省 宜興市
善巻洞の牌坊
善巻洞牌坊
別称:陶都


無錫市中の宜興市の位置
無錫市中の宜興市の位置
中心座標 北緯00度00分00秒 東経00度00分00秒 / 北緯0.00000度 東経0.00000度 / 0.00000; 0.00000
簡体字 宜兴
繁体字 宜興
拼音 Yíxīng
カタカナ転写 イーシン
滬拼 ȵiɕiŋ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
江蘇
地級市 無錫市
行政級別 県級市
面積
総面積 2177.43 km²
人口
総人口(2004) 124.37 万人
経済
電話番号 0510
郵便番号 214200
ナンバープレート 蘇B
行政区画代碼 320282
公式ウェブサイト http://www.yixing.gov.cn/
名物の紫砂

地理編集

宜興市は、江蘇省南部、無錫市内に位置する。太湖の西岸に位置している。

地域編集

行政区画編集

5街道、13鎮を管轄する。

  • 街道:宜城街道、屺亭街道、新荘街道、新街街道、芳橋街道
  • :張渚鎮、西渚鎮、太華鎮、徐舎鎮、官林鎮、楊巷鎮、新建鎮、和橋鎮、高塍鎮、万石鎮、周鉄鎮、丁蜀鎮、湖㳇鎮
  • 都心:宜城街道と丁蜀鎮は都心区域

歴史編集

  • 春秋時代に属し荊邑と呼ばれた。
  • は陽羡県を置き、代に義興郡と改められた。
  • は郡を廃して義興県を置いた。、
  • は義興県を常州の管轄下に置いた。
  • 北宋期に宜興県と改められた。
  • に入ると人口増加から宜興県と荊渓県に分割された。
  • 1912年再び合併。
  • 1983年に県級市に昇格した。

対外関係編集

姉妹都市・提携都市編集

経済編集

第二次産業編集

陶業編集

製陶業が盛んで、「陶都」と呼ばれている。 特に「紫砂」が有名であり、そのほか「青磁」、「彩陶」、「精陶」も国内一の生産量を誇る。近年エコ関連の工業やケーブルの生産も国内トップになった。

第三次産業編集

観光業編集

  • 善巻洞
  • 竹海
  • 玉女山荘
  • 大覚寺

文化・名物編集

名産・特産編集

  • 紫砂壺
  • 陽羡茶
  • 太湖百合(百合のめ)
  • 太湖蟹

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ 4月25日(水曜日)焼き物の連携で友好都市に向けてほっとニュース(2018年4月)常滑市/2019年8月4日閲覧。

関連項目編集