宝瓶宮福音書』(ほうへいきゅうふくいんしょ、原題:The Aquarian Age Gospel of Jesus, the Christ of the Piscean Age )とは、米国人のリバイ・ドーリング(Levi H. Dowling 1844 - 1911)の1908年の著作であり、日本語に訳すと「双魚宮時代のキリスト、イエスの宝瓶宮時代の福音書」になる。文献の内容は、イエスの生涯の前半17年間の記録が残されていない部分を、著者がアカシックレコードを読んで記したもの、とされている。

関連文献編集

関連項目編集

外部リンク編集