メインメニューを開く

宣下(せんげ)とは、天皇の命令を伝える公文書を公布することである。

一連の手続き編集

天皇や上皇法皇(いわゆる治天の君)の意思あるいは公卿の会議「陣定」の結果を統裁・決定した事項は、蔵人から支持の伝達を受けた上卿(陣定の首席大臣)が陣定において発する口頭形式による命令(宣)を通じて、弁官外記の手によって文書化されて相手に通達される。この文章を宣旨、ここまでの一連の手続きを宣下と呼ぶ。

鎌倉時代以後、陣定での宣下は摂関など高官の任命などに限られるようになった。

宣下の一覧編集

関連項目編集