メインメニューを開く

室伏 鴻(むろぶし こう、1947年6月14日 - 2015年6月18日[1])は、日本のダンサー・振付家。 

東京都[2]に生まれる。1969年 土方巽に師事[2]。1972年「大駱駝艦」の創立、旗揚げに参加[1][2]。1974年、舞踏新聞「激しい季節」を編集刊行、同時に女性舞踏グループ「アリアドーネの会」をプロデュース[2]。1976年福井県に「北龍峡」を築き、舞踏派「背火」を主宰 。

1978年、「アリアドーネの会」と「背火」を率いてのパリ公演「最後の楽園—彼方への門」での成功により、日本の舞踏をヨーロッパで認知させた[1]

その後も1981年、1982年とヨーロッパツアーを実施。

2015年6月18日、中南米公演中に心筋梗塞によりメキシコシティの病院で死去[1][2]

脚注編集

外部リンク編集