鈴木 創士(すずき そうし、1954年4月8日 - )は、日本のフランス文学者作家評論家翻訳家ミュージシャン兵庫県神戸市出身。

略歴・人物編集

甲陽学院高等学校卒。甲陽高校をバリケード封鎖した首謀者の一人となる。その後、渡仏。学生運動家だった経歴から学生の身分にならないと滞在許可証がおりず、エコール・デ・ボザールパリ第4大学などに登録するが、実質的には全く通っておらず、フランス語は独学である[1]。帰国後、サバト館(顧問 生田耕作)の編集者でもあった。伝説のカルト的ニューウェイヴ・バンドEP-4の初期オリジナル・キーボード奏者でもある。作家活動のほか、ミュージシャンとしてEP-4本体とは別に、EP-4 UnitPなどで活動中。

著書編集

  • アントナン・アルトーの帰還』(河出書房新社)1995年/新版・現代思潮新社 2007年
  • 中島らも烈伝』(河出書房新社)2005年
  • 『魔法使いの弟子 批評的エッセイ』(現代思潮新社) 2006年
  • 『ひとりっきりの戦争機械』(青土社)2011年
  • 『サブ・ローザ 書物不良談義』(現代思潮新社)2012年
  • 『ザ・中島らも』(河出文庫)2014年
  • 『分身入門』(作品社)2016年
  • 『離人小説集』(幻戯書房)2020年
  • 『うつせみ』(作品社)2020年
  • 『文楽徘徊』(現代思潮新社)2021年

翻訳編集

監修編集

  • 「エートル叢書」現在全24巻刊行中(現代思潮新社)
    • シュトックハウゼン、バタイユ、ドゥボール、ボンヌフォワ、ジャベス、ファスビンダー、クラウス、シェフェール、他を刊行。
  • 『アルトー後期集成』全3巻 宇野邦一との共同監修(河出書房新社)

その他編集

  • コシミハルの多くのCD、テレビコマーシャルの作詞、翻訳を行っている。
  • CDにEP-4, Multilevel Holarchy, SUPER FUJI DISCS(キーボード担当)がある。
  • 2012年5月21日、代官山UNITにて、30年ぶりのEP-4ライブに参加。キーボード。以後、東京、京都のEP-4ライブに参加。
  • 2013年 The Zzzipps 難波ベアーズで第一回ライブ。メンバー : ユン・ツボタジ(EP-4)、ピカ(exあふりらんぽ)、タバタミツル(Acid mothers templeほか)、橋本孝之+Sara(.ES)
  • 2014年 鈴木創士グループ 京都アバンギルドでライブ。カオス・ライブシリーズ Roarology 01。EP-4 UnitPとして神戸旧グッゲンハイム邸にてIKUE MORI(元D.N.A.)Japan Tour in Kobeに参加。
  • チルドレンクーデターのCD『Fear of Liberty -自由の恐怖』(HKMJ-0013 2014年)に ゲストメンバーとして参加。チルドレンクーデターの数々のライブにもゲストミュージシャンとして参加している。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 株式会社ワークルーム (2020年6月10日). “インタビュー 鈴木創士 フランス文学者 その3/5” (日本語). 花形文化通信. 2022年1月15日閲覧。