メインメニューを開く
宮島沼 (2004年4月29日)
宮島沼 (2004年4月29日)

宮島沼(みやじまぬま)は、北海道美唄市大富に所在する

日本国内で最北かつ最大のマガンの寄留地でもある[1]。世界でも有数のマガンの飛来地として知られるほか、ヒシクイコハクチョウなどの水鳥も飛来する。これらのことにより、国指定宮島沼鳥獣保護区(集団渡来地)に指定されている(面積は41ヘクタール、全域が特別保護地区)。また、日本で13番目のラムサール条約登録湿地でもある。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集