メインメニューを開く

宮崎 道生(みやざき みちお、1917年10月13日 - 2005年4月1日)は、日本史学者、新井白石の研究者。

三重県生まれ。1941年東京帝国大学文学部国史学科卒業。戦後、弘前大学教授、岡山大学教授、78年國學院大學教授。88年定年退任、講師となる。1991年退任。97年春、勲三等瑞宝章受勲。

著書編集

  • 『新井白石序論』芸林会 1954
  • 『歴史と人生』都出版社 1954
  • 『新井白石』至文堂(日本歴史新書) 1957
  • 『新井白石の研究』吉川弘文館 1958
  • 『世界史と日本の進運』福村書店 1962
  • 『青森県の歴史』山川出版社 (県史シリーズ) 1970 
  • 『新井白石の洋学と海外知識』吉川弘文館 1973
  • 『新井白石の時代と世界』吉川弘文館 1975
  • 『青森県の歴史と文化』津軽書房 1977
  • 『新井白石の人物と政治』吉川弘文館 1977
  • 『新井白石と思想家文人』吉川弘文館 1985
  • 『近世・近代の思想と文化 日本文化の確立と連続性』ぺりかん社 1985
  • 『新井白石断想』近藤出版社 1987
  • 『新井白石の史学と地理学』吉川弘文館 1988
  • 『新井白石』吉川弘文館 (人物叢書) 1989
  • 熊沢蕃山 人物・事績・思想』新人物往来社 1995
  • シーボルトと鎖国・開国日本』思文閣出版 1997

校訂・編著編集

  • 定本折たく柴の記釈義 至文堂 1964
  • 西洋紀聞 新井白石 平凡社 1968 (東洋文庫)
  • 青森県近代史年表 編集 青森県 1973
  • 蕃山全集 第7冊 熊沢蕃山 谷口澄夫共編 増訂 名著出版 1980.5
  • 新井白石の現代的考察 吉川弘文館 1985.6
  • 三輪物語 熊沢蕃山 三輪明神大神神社 1991.8
  • シーボルトと日本の開国近代化 箭内健次共編 続群書類従完成会 1997.2