宮川(みやがわ)は、京都府福知山市宮津市を流れる由良川水系の河川

宮川
二瀬川渓流.jpg
二瀬川渓流
水系 一級水系 由良川
種別 一級河川
延長 9.395 km
流域面積 66.7 km²
水源 大江山(千丈ヶ嶽)
流域 日本の旗 日本
京都府福知山市宮津市
テンプレートを表示

地理編集

流路編集

 
大江山

源流は大江山(千丈ヶ嶽)である[1]。流域にはミズナラブナなどの原生林が残っており、上流部は丹後天橋立大江山国定公園に選定されている[2]

宮津市中ノ茶屋を流れる堂渕川を合わせると、そこからの約300メートルは「京都の自然200選」に選定されている二瀬川渓流(二瀬川渓谷)である。平安時代には源頼光一行がこの地にやってきており、かつて二瀬川渓流には官女が衣を洗ったという衣掛松や洗濯岩があったとされる[3]。1981年(昭和56年)には渓流沿いに約1300メートルの遊歩道が完成した[1]。千丈ヶ滝と二瀬川渓流は「未来に残したいおおえの自然十景」に選定されている[4]

大江町仏性寺では二瀬川、大江町内宮では上杉川、大江町二俣では二俣川、大江町天田内では船岡川、大江町河守や大江町金屋では宮川と名を変え、内宮から外宮の間は五十鈴川とも呼ばれる[1][5]。内宮発電所や皇大神社の近くには岩戸の渓谷であり、両岸には高さ20メートル以上の断崖絶壁がそそり立つ[1]

大江町河守~金屋には国道175号の宮川橋がかかっている。戦後の宮川橋は老朽化していたことで、悪い意味で大江町名物とされるほどだったが、1957年(昭和32年)には国費によって永久橋に架け替えられた[6]。その後、新しく架け替えられ2010年(平成22年)から供用されている。河守上に狭い谷を築き、南進して由良川の本流に合流する[1]。宮川橋より下流を除けば川幅は狭い[2]

千丈ヶ滝編集

千丈ヶ原ダムの下流には千丈ヶ滝がある。滝というよりは切り立った急崖の様相であるとされ[7]、岩肌を25メートルの落差の滝が流れている。江戸時代の俳人である加賀千代女皇大神社や大江山を訪れており、紀行文『老足の拾ひわらじ』で千丈ヶ滝に言及している[7]

仏性寺村から十町ばかり登ると千丈ヶ瀧あり、ほかの瀧とことかわり、流れするどく岩の上落ちては踊り上り水玉水煙、分けて洪水の時は、目を驚かすと人の語りける — 加賀千代女『老足の拾ひわらじ』
千丈ヶ瀧は、千丈ヶ嶽鬼の窟の西にあり、此滝二瀬川へ落るなり、瀧の広さ三間余、高さ四五十間、岩に添ひて流る不動堂あり。
二瀬川といふは、二川合流のところなり。よって名とす。一は千丈ヶ瀧より流れ、一は千歳嶺より流る。 — 『丹哥府志』1763年

かつて滝口近くには「滝の不動さん」と呼ばれる不動堂があった[7]。1921年(大正10年)9月25日に千丈ヶ原ダムが決壊した際に壊れ、現在は道路を隔てた山側に祀られている[8][7]

自然災害編集

 
由良川

2004年(平成16年)10月の平成16年台風第23号の際、由良川は戦後における最高水位である7.8メートル、最大流量6,500トンを記録し、流域では冠水や土砂災害などの甚大な被害が発生した[9]。宮川においても被災家屋28棟(床下浸水16棟、床上浸水12棟)という被害が発生した[2]

流域の施設編集

発電所編集

  • 関西電力内宮発電所 - 大江町内宮上杉にある水力発電所(ダム水路式発電所)[1]。1917年(大正6年)12月21日稼働開始[1]。1951年(昭和26年)5月1日、電気事業再編成令によって関西電力が所有者となる[1]。二瀬川の流域を利用している[1]。発生した電気は橋谷発電所に送電される[1]。最大出力200キロワット[1]
  • 関西電力橋谷発電所 - 大江町橋谷堀川にある水力発電所(ダム水路式発電所)[1]。1923年(大正12年)1月4日稼働開始[1]。1951年(昭和26年)5月1日、電気事業再編成令によって関西電力が所有者となる[1]。雲原川の流域を利用している[1]。最大出力410キロワット[1]

ダム編集

  • 千丈ヶ原ダム - 仏性寺発電所のために1917年(大正6年)6月6日完成[1]。建設工事中には藤原吉蔵によって河守鉱山の鉱脈露頭が発見されている[10]。1921年(大正10年)9月25日にはダムが決壊し、下流の耕地や山林が流されたほか、堤防や橋梁や道路が破壊された[1]。その後千丈ヶ原ダムは復旧され、仏性寺発電所は1948年(昭和23年)頃まで稼働した[1]

流域の自治体編集

支流編集

  • 堂渕川
  • 毛原川(千歳川)
  • 北原川(早谷川)
  • 的場川
  • 玉川
  • 雲原川(橋谷川)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 大江町誌編さん委員会『大江町誌 通史編 上巻』大江町、1983年、pp.24-28
  2. ^ a b c 一級河川 由良川水系 由良川下流圏域河川整備計画(変更) 京都府、2015年3月
  3. ^ 奈良井俊一『むかし丹波の大江山 伝説の大江山とその周辺』大江町、1977年、p.16
  4. ^ 大江町教育委員会『大江ふるさと学 大江町発足50周年記念』大江町、2002年、p.137
  5. ^ なお、三重県宇治市の皇大神宮伊勢神宮内宮)近くには宮川水系の五十鈴川が流れている。
  6. ^ 大江町総務企画課『大江伝 新市移行記念誌』大江町、2005年、p.38
  7. ^ a b c d 大江町教育委員会『大江ふるさと学 大江町発足50周年記念』大江町、2002年、p.24
  8. ^ 奈良井俊一『むかし丹波の大江山 伝説の大江山とその周辺』大江町、1977年、p.8
  9. ^ 未来に繋ぐ記録 平成16年台風第23号 国土交通省福知山河川道路事務所
  10. ^ 鉱脈発見者たたえる石碑 いまも大江山見守る」『両丹日日新聞』2018年4月2日

参考文献編集

  • 大江町教育委員会『大江ふるさと学 大江町発足50周年記念』大江町、2002年
  • 大江町誌編さん委員会『大江町誌 通史編 上巻』大江町、1983年
  • 大江町総務企画課『大江伝 新市移行記念誌』大江町、2005年
  • 奈良井俊一『むかし丹波の大江山 伝説の大江山とその周辺』大江町、1977年

外部リンク編集