河守鉱山(こうもりこうざん)は、京都府福知山市大江町仏生寺にあった、主として銅鉱とクロム鉄鉱を産出した鉱山[1]。正式には日本鉱業株式会社河守鉱業所[2]。最盛期の1963年昭和38年)には銅鉱石など11万8000トンを産出したが[3]、鉱脈の枯渇などで産出量が減り、1969年昭和44年)に休山、1973年に閉山した[4]

河守鉱山
Komori Mine 1957.jpg
1957年の河守鉱山
所在地
河守鉱山の位置(京都府内)
河守鉱山
河守鉱山
河守鉱山の位置(日本内)
河守鉱山
河守鉱山
所在地京都府加佐郡大江町(現・福知山市
日本の旗 日本
座標座標: 北緯35度27分30.0秒 東経135度8分25.0秒 / 北緯35.458333度 東経135.140278度 / 35.458333; 135.140278
生産
産出物銅鉱・クロム鉄鉱
歴史
開山1917年
閉山1973年
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学

地質・鉱床編集

鉱山付近の地質は古生層に属する砂岩粘板岩硅岩の互層に、橄欖岩石英閃緑岩花崗岩が貫入している。鉱床は古生層と橄欖岩・蛇紋岩の接触部付近の蛇紋岩中の割れ目を充填するものと、輝緑岩岩体を鉱染した鉱床からなり、東西1500m南北700mの範囲が開発された。充填鉱床の主要な鉱脈は二十数本あって、それぞれ約200mの長さがあり、鉱脈の厚さは平均12㎝でところによっては1m内外の部分があった。銅品位は8-10%と良好で15%のものも産出した[5]。坑道の最深部は500mに達した[3]。鉱石は主に黄銅鉱と磁硫鉄鋼であった[6]

歴史編集

1917年大正6年)当地に発電用貯水池建設工事が行われた際に「藤原吉蔵」が鉱脈の露頭を発見し[注釈 1]、同年から大江山鉱山として銅鉱石の採取を始めた。鉱山は1928年(昭和3年)に日本鉱業株式会社(当時の社名は久原産業)に買収され1929年5月から本格操業を始めたが、業界の不況などで1930年(昭和5年)9月に一時休山に追い込まれた[8][9][注釈 2]。1933年(昭和8年)11月に採掘を再開、同時にクロム鉱の採掘を始めるが、クロム鉱は埋蔵量が少なく1942年に採掘を終了した[11]

最盛期編集

1951年(昭和26年)鉱石や人員の搬出入用の第6立坑の開削を開始[5]1952年初頭には埋蔵鉱量10万トンの小規模鉱山と見積もられていたが、積極的な探鉱を行った結果1960年には埋蔵鉱量が100万トンに達した[12]。さらに朝鮮動乱による経済好転の影響を受け鉱山の業績が伸びる。1953年に生産能力月産2000トンの比重選鉱場を設置、1961年には月産8000トンの重選併用全泥優先浮遊選選鉱場を新設[3]1952年に1万4000トンだった年間粗鉱産出量は1958年には5万7000トンに増え、1962年には10万トンを超え、1963年には最大の11万8000トンに達した[注釈 3][5][14]。当時の鉱山の社員数は219名、所帯数は162、鉱山周辺には社宅が建設され売店・映画館床屋保育園診療所があった[3],[15]

閉山編集

1965年に年間10万トンあった年間粗鉱産出量だが、既存の鉱脈を掘りつくし新たな鉱脈も発見できなかったため生産量は急激に減少し、1969年(昭和44年)鉱山の採掘作業は終了した。選鉱場では同年に採掘を再開した兵庫県の多田銀銅山の鉱石を処理する作業を続けていたが、1973年(昭和48年)多田銀銅山の操業が終わったため、選鉱場も閉山した[16][17]。鉱山の諸設備は撤去され、跡地に日本の鬼の交流博物館が設置されている。

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 藤原吉蔵氏碑が鉱山入り口近くの道路沿いにあって、鉱山の発見と発展のいきさつが記されている[7]
  2. ^ 当地の物成小学校は昭和初期には鉱山の盛衰に従って児童数が増減した[10]
  3. ^ この年日本鉱業が直営するすべての鉱山の産出量は214万トンであった[13]

出典編集

  1. ^ 大江町誌 通史編 上巻 p36
  2. ^ 鉱山 p22
  3. ^ a b c d 大江町誌 通史編 上巻 p39
  4. ^ 両丹日日新聞 2007年7月19日 p5
  5. ^ a b c 大江町誌 通史編 上巻 p42
  6. ^ 日本鉱業株式会社五十年史 p633
  7. ^ 大江町誌 通史編 上巻 p38
  8. ^ 大江町誌 通史編 上巻 p41
  9. ^ 日本鉱業株式会社五十年史 p632
  10. ^ 大江町誌 通史編 下巻 pp654-655
  11. ^ 大江町誌 通史編 上巻 p43
  12. ^ 鉱山 p11
  13. ^ 日本鉱業株式会社社史 1956-1985 創業八十周年記念 1989年 日本鉱業株式会社総務部 p434
  14. ^ 鉱山 p14
  15. ^ 両丹日日新聞 2007年7月19日 p1
  16. ^ 日本鉱業株式会社社史 1956-1985 創業八十周年記念 1989年 日本鉱業株式会社総務部 p428
  17. ^ 大江町誌 通史編 上巻 p39-40

参考文献編集

  • 「大江町誌 通史編 上巻」 1983年 大江町
  • 「河守鉱山の経営合理化について」 鉱山 14(3)(140) 1961年3月 pp11–22
  • 「日本鉱業株式会社五十年史」 1957年 日本鉱業株式会社五十年史編集委員会

関連項目編集