宮月 新(みやつき あらた)は、日本漫画原作者心理戦催眠術をテーマにした漫画原作が多い。

宮月 新
職業 漫画原作者
活動期間 2013年 -
ジャンル 青年漫画サスペンス
代表作不能犯
シグナル100
※いずれも原作担当。
テンプレートを表示

経歴編集

2013年、『グランドジャンプ』(集英社)10号にて『不能犯』の連載が開始され、原作を担当する[1]。作画は神崎裕也[1]

2015年、『ヤングアニマル』(白泉社)の新連載攻勢第1弾作品として15号より『シグナル100』の連載を開始[2]。原作を担当し、作画は近藤しぐれが務める[2]

2016年10月、『不能犯』の実写映画化が決定し[3]、2018年2月1日に公開[4]。2017年9月には本作を題材としたドラマ化も決定し[5]、dTVにて12月22日より配信[6]。『グランドジャンプ』2018年4号では『不能犯』特集が組まれ、宮月と作画の神崎、映画とドラマで主演を務めた松坂桃李の座談会が掲載された[7]

2019年8月に『シグナル100』の実写映画化が決定し[8]、それを記念してスピンオフ作品である『シグナル100 零』の連載を『マンガPark』(同)にて9月5日より開始[9]。宮月が原作を担当し、作画はRyukiが手がけた[9]

2019年9月に創刊された『ヤングアニマルZERO』(同)にて、創刊号より『去勢転生』の連載を開始[10]。2月1日増刊号まで掲載後[11]、『ヤングアニマル』に移籍し[11]、同年8号より連載。

『シグナル100』の実写映画が2020年1月24日に全国公開[12]。『ヤングアニマル』2020年3号では『シグナル100』の映画化を記念して、映画で主人公を演じた橋本環奈との対談が掲載された[13]

2020年2月より『マンガPark』にて『救い給え、殺り給え』の連載を開始[14]

作品リスト編集

いずれも原作を担当。

漫画編集

連載編集

読切編集

小説編集

  • 小説 不能犯 女子高生と電話ボックスの殺し屋(ノベライズ担当:ひずき優

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “「ウロボロス」の神崎裕也、グラジャンでサスペンス新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年4月17日). https://natalie.mu/comic/news/311290 2021年6月29日閲覧。 
  2. ^ a b c “アニマルに「3月のライオン」クリアファイル、次号よりベルセルク隔号掲載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年7月10日). https://natalie.mu/comic/news/153447 2021年6月29日閲覧。 
  3. ^ “「不能犯」松坂桃李主演で映画化!殺しを請け負う謎の男描くサスペンス”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年10月31日). https://natalie.mu/comic/news/207393 2021年6月29日閲覧。 
  4. ^ “「不能犯」松坂桃李の“愚かな行為”に、沢尻エリカが思わず「ワルッ!」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年12月21日). https://natalie.mu/comic/news/262213 2021年6月29日閲覧。 
  5. ^ “「不能犯」映画へと繋がるエピソード描くドラマ制作!主演はもちろん松坂桃李”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年9月19日). https://natalie.mu/comic/news/249309 2021年6月29日閲覧。 
  6. ^ “ドラマ「不能犯」に永尾まりや、永井大、平岡祐太ら出演、dTVで12月より配信”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年11月1日). https://natalie.mu/comic/news/255049 2021年6月29日閲覧。 
  7. ^ “「不能犯」特集がGJで、原作者2人と松坂桃李がそれぞれの宇相吹像を語りあう”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年1月17日). https://natalie.mu/comic/news/265531 2021年6月29日閲覧。 
  8. ^ “学園デスゲーム「シグナル100」R15+指定作品として実写映画化!主演は橋本環奈”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年8月7日). https://natalie.mu/comic/news/342737 2021年6月29日閲覧。 
  9. ^ a b c “「シグナル100」実写化記念したスピンオフが9月から連載、惨劇の前日譚を描く”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年8月23日). https://natalie.mu/comic/news/344664 2021年6月29日閲覧。 
  10. ^ a b “「ベルセルク」の三浦建太郎が原作&プロデュース!「ドゥルアンキ」連載決定”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年8月23日). https://natalie.mu/comic/news/344668 2021年6月29日閲覧。 
  11. ^ a b c “三浦建太郎「ドゥルアンキ」付録がヤングアニマルZEROに、「去勢転生」は移籍決定”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年1月9日). https://natalie.mu/comic/news/362613 2021年6月29日閲覧。 
  12. ^ “映画「シグナル100」生徒たちが次々と…戦慄のデスゲームを収めた予告編公開”. ナターシャ. (2019年10月28日). https://natalie.mu/comic/news/353099 2021年6月29日閲覧。 
  13. ^ “「変女」シリーズが2本立てでアニマルに、橋本環奈&宮月新の対談も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年1月24日). https://natalie.mu/comic/news/364437 2021年6月29日閲覧。 
  14. ^ a b “宮月新原作の「去勢転生」「虐殺ハッピーエンド」「シグナル100 零」発売”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年1月17日). https://natalie.mu/comic/news/363621 2021年6月29日閲覧。 
  15. ^ “「虐殺ハッピーエンド」&「恋と心臓」がマンガParkで全話無料に”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年12月21日). https://natalie.mu/comic/news/313117 2021年6月29日閲覧。 
  16. ^ グランドジャンプ2014年12月17日最新ニュースより。

外部リンク編集