メインメニューを開く

宮武 東洋(みやたけ とうよう、1895年 - 1979年)は、日本香川県出身の写真家太平洋戦争中、アメリカにある日系人収容所で隠し持ったレンズでカメラを作り、収容所で暮らす日系人を撮影したことで知られる。本名は宮武 東洋男(みやたけ とよお)。収容所に収容される際に「名前の末尾に'o'の文字が余分に付いている」と勘違いされ削除されたため、それ以後宮武東洋の名前を使うことになった。

みやたけとうよう
宮武東洋
Manzanar portrait Toyo Miyatake 00100u.jpg
宮武東洋(1943年、アンセル・アダムス撮影)
生誕 1895年
死没 1975年
国籍 日本の旗 日本

20世紀写真界の巨匠、アンセル・アダムスエドワード・ウェストンとも交友があった。

目次

略歴編集

収容所での撮影編集

第二次世界大戦下のアメリカ政府による日系人に対する強い敵視政策によって、在米日本人(日系人)たちは鉄条網と監視塔に囲まれた収容所へ強制収容された。そのひとつであるマンザナー強制収容所へと家族と共に収容された宮武は、収容所では禁止されていたカメラを自ら隠し持ってきたレンズで、同じく収容されていた大工にボディーを作成してもらい手製のカメラを作り上げた。そして同じく隠し持っていたフィルムで密かに収容所の実態を撮影していく。

後に収容所所長のメリットの許可を得て公式カメラマンとなり、収容所の内部から収容者たちの日々の生活を写し撮っていった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本の大衆メディアにおける日系人の表象佃陽子、成城法学.教養論集,(27),69-85 (2018-03)

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集