宰 我(さい が)は、孔子の門人。姓は、名は子我

魯国出身。孔門十哲の一人で弁論の達人と評された。孔門の中では最も実利主義的な人物で道徳を軽視したため、礼とともに道徳を重んじる孔子からよく叱責を受けていたことが論語で伝わっている(八佾第三など)。

史記によると彼はのちに国の長官になったが、田恒の反乱に加担し一族皆殺しにされた。ただし、史記のこの記述は春秋左氏伝呂氏春秋と違う記述があることと当時叛乱に加わった人の中に別名で同じ字(あざな)の人物がいたことから司馬遷が混同して誤ったとする説(清の張翼など)がある。

脚注編集

[脚注の使い方]