メインメニューを開く

寄川条路(よりかわ・じょうじ、1961年 - )は、日本の哲学者、文筆家。筆名は紀川しのろ

専門は観念論と解釈学を中心とする思想文化論。

目次

略歴編集

1961年、福岡県生まれ。

早稲田大学文学部卒業後、同大学院博士課程を経て、ドイツ・ボーフム大学大学院を修了、文学博士。

愛知大学教養部助教授、同大学法学部教授を経て、明治学院大学教養教育センター教授。

日本倫理学会和辻賞、日本随筆家協会賞などを受賞。

2014年、ヘーゲルの自筆書き込み本『フィヒテとシェリングの哲学体系の差異』(1801年)を東京の古書店で発見。

2016年、授業を無断録音し教授を解雇していた明治学院大学を告発(明治学院大学解雇事件 )。

2018年、東京地裁は明治学院大学が教授を解雇したのは違法と判決(明治学院大学事件 )。

著書編集

単著編集

  • Hegels Weg zum System. Die Entwicklung der Philosophie Hegels 1797-1803, Frankfurt: Lang, 1996.
  • 『体系への道――初期ヘーゲル研究』創土社、2000年。
  • 『構築と解体――ドイツ観念論の研究』晃洋書房、2003年。
  • 『東洋と西洋――カール・レーヴィットと鈴木大拙』中部日本教育文化会、2003年。
  • 『ヘーゲル『精神現象学』を読む』世界思想社、2004年。
  • Das System der Philosophie und das Nichts. Studien zu Hegel, Schelling und Heidegger, Freiburg: Alber, 2005.
  • 『〈あいだ〉の解釈学――異文化の理解にむけて』世界書院、2006年。
  • 『ヘーゲル哲学入門』ナカニシヤ出版、2009年。
  • 『新版 体系への道――初期ヘーゲル研究』創土社、2010年。
  • 『東山魁夷――ふたつの世界、ひとすじの道』ナカニシヤ出版、2014年。
  • 『今泉六郎――ヘーゲル自筆本を日本にもたらした陸軍獣医』ナカニシヤ出版、2015年。
  • 『ヘーゲル――人と思想』晃洋書房、2018年。
  • 『教養としての思想文化――文系学部の逆襲はなるか?』晃洋書房、2018年(近刊)。
  • 『哲学の本棚――書評集成』晃洋書房、2018年(近刊)。

筆名(紀川しのろ)編集

  • 『随筆集 カサブランカ』日本随筆家協会、2008年。
  • 『日々の栞』角川学芸出版、2010年。
  • 『教養部しのろ教授の大学入門』ナカニシヤ出版、2014年。
  • 『教養部しのろ准教授の恋』ナカニシヤ出版、2015年。

編著編集

  • 『生命と倫理』学陽書房、2004年。
  • 『メディア論――現代ドイツにおける知のパラダイム・シフト』御茶の水書房、2007年。
  • 『インター・カルチャー――異文化の哲学』晃洋書房、2009年。
  • 『グローバル・エシックス――寛容・連帯・世界市民』ミネルヴァ書房、2009年。
  • 『新しい時代をひらく――教養と社会』角川学芸出版、2011年。
  • 『若者の未来をひらく――教養と教育』角川学芸出版、2011年。
  • 『ヘーゲル講義録入門』法政大学出版局、2016年。
  • 『ヘーゲルと現代思想』晃洋書房、2017年。
  • 『ヘーゲルと現代社会』晃洋書房、2018年。
  • 『大学における〈学問・教育・表現の自由〉を問う』法律文化社、2018年。

共著編集

  • 『自然とその根源力』ミネルヴァ書房、1993年。
  • 『〈対話〉に立つハイデッガー』理想社、2000年。
  • 『ドイツ観念論を学ぶ人のために』世界思想社、2006年。

翻訳編集

  • ヘーゲル『初期ヘーゲル哲学の軌跡――断片・講義・書評』ナカニシヤ出版、2006年(編訳)。
  • カール・ローゼンクランツ『日本国と日本人』法政大学出版局、2015年。
  • オットー・ペゲラー編『ヘーゲル講義録研究』法政大学出版局、2015年(監訳)。
  • ヘーゲル『美学講義』法政大学出版局、2017年(監訳)。

脚注編集

外部リンク編集