メインメニューを開く
早稲田大学 > 早稲田大学文学学術院 > 早稲田大学文学部

早稲田大学文学部(わせだだいがくぶんがくぶ、英語:School of Humanities and Social sciences)とは、2007年4月1日に設置された早稲田大学人文学系の学部の一つである。第一文学部第二文学部の再編により、文化構想学部とともに設置された。

概要編集

戸山キャンパスに所在し、早稲田大学文学学術院の管理・運営下にある。

2007年4月に第一文学部第二文学部を併せて再編し、文化構想学部と文学部が設置された。その為、文化構想学部・文学部は第一・第二文学部とは異なる学部である。文化構想学部は、人文学・文化学の学際的・学横断的な研究・教育実践を目指しているのに対し、文学部は、伝統的な人文学・文化学の継承と発展を目指している。そのため発足時には、第一文学部の(文化構想学部に受け継がれた人文専修と文芸専修を除く)伝統的学問分野にそった専修を主として受け継いだコースを中心に設置された[1]

外国語科目と講義科目が文化構想学部と共通化されており「ブリッジ科目」と称されている[2]。卒業時にいずれのコースも「学士(文学)」(Bachelor of Arts in Literature)の学位が授与される[3]

沿革編集

旧制文学部
第一文学部・第二文学部
文学部(2007年~)
  • 2007年4月 第一文学部・第二文学部を混合再編した新文学部文化構想学部とともに設置される。文学科1学科を置き、その下に17のコース[4]が設けられる(再編前の母体学部も在校生のいる間並行して存続し、後年廃止)
  • 2017年 中東・イスラーム研究コースを新設[5]

学科・コース編集

  • 文学科
    • 哲学コース
    • 東洋哲学コース
    • 心理学コース
    • 社会学コース
    • 教育学コース
    • 日本語日本文学コース
    • 中国語中国文学コース
    • 英文学コース
    • フランス語フランス文学コース
    • ドイツ語ドイツ文学コース
    • ロシア語ロシア文学コース
    • 演劇映像コース
    • 美術史コース
    • 日本史コース
    • アジア史コース
    • 西洋史コース
    • 考古学コース
    • 中東・イスラーム研究コース

※2年次以降に専門課程である各コースに進級する[2]

関係者編集

主な出身者編集

主な専任教員編集

哲学コース

東洋哲学コース

心理学コース

社会学コース

教育学コース

日本語日本文学コース

中国語中国文学コース

英文学コース

フランス語フランス文学コース

ドイツ語ドイツ文学コース

ロシア語ロシア文学コース

演劇映像コース

美術史コース

日本史コース

アジア史コース

西洋史コース

考古学コース

過去の主な専任教員

  • 大橋一章(美術史コース、-2013年3月) - 美術史学者

脚注編集

  1. ^ 一文・二文再編! ~文化構想学部と文学部へ~ 2019年2月12日閲覧
  2. ^ a b 早稲田大学文学部 カリキュラム 2019年2月12日閲覧
  3. ^ 早稲田大学学位規則 2019年2月12日閲覧
  4. ^ 哲学、東洋哲学、心理学、社会学、教育学、日本語日本文学、中国語中国文学、英文学コース、フランス語フランス文学、ドイツ語ドイツ文学、ロシア語ロシア文学、演劇映像、美術史、日本史、アジア史、西洋史、考古学
  5. ^ 従来より設置されている文化構想学部文化構想学科多元文化論系中東・イスラーム文化プログラムと関連し、大学院文学研究科中東・イスラーム文化コース(修士課程・博士後期課程)と同時新設

関連項目編集

外部リンク編集