メインメニューを開く
寧楽遺文 初版

寧楽遺文(ならいぶん)は歴史家竹内理三が奈良時代の文書をまとめた史料集である。初版は1943-1944年に刊行(上下2巻)。改訂版は1962年(昭和37年)に刊行された(上中下3巻)。

上巻は総目録・政治編、中巻は宗教編・経済編上、下巻は経済編下・文学編・解説で、戸籍、計帳、正税帳、四度公文枝文、太政官符、寺院縁起並流記資財帳、献物帳、造寺所公文、写経所公文、諸国田券、奴婢帳、風土記、人々伝、詩集、人々啓状、金石文の16項目から成る。

関連項目編集