メインメニューを開く

寺尾 美子(てらお よしこ、1954年1月8日 - )は、日本の法学者。元東京大学教授。専門は英米法。東大法学部初の女性教授[1]

目次

経歴編集

人物編集

  • 区立小学校を卒業後、東京学芸大学附属の中学校在学中、父が時代小説好きのために、司馬遼太郎の小説「竜馬が行く」の単行本全5巻にプレゼントをした。美子も同様に読み始め、はまってしまった[2]。1969年の7月に司馬遼太郎本人から手紙を送られ、大事に残っている[3]
  • 高校時代は剣道を始める。2年生の時に部員が減ってしまい、稽古が成り立ちにならなかった。そのために町の道場に通いながら、初段を資格。次のはまった小説は吉川英治の小説「宮本武蔵」だった[2]
  • 大学に入学後、剣道部に入り、女子部員第1号となる[4]。大学卒業後、仕事や子育てが忙しくなり、剣道はやめてしまった[5]

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 東京大学(インタビュー)
  2. ^ a b 「完全保存版 坂本龍馬が行く」、『文藝春秋増刊くり』(2010年1月号)、文藝春秋 pp. 147
  3. ^ 「完全保存版 坂本龍馬が行く」、『文藝春秋増刊くりま』(2010年1月号)、文藝春秋 pp. 148-149
  4. ^ 「完全保存版 坂本龍馬が行く」、『文藝春秋増刊くりま』(2010年1月号)、文藝春秋 pp. 147-148
  5. ^ 「完全保存版 坂本龍馬が行く」、『文藝春秋増刊くりま』(2010年1月号)、文藝春秋 pp. 148