メインメニューを開く

将軍 (ゲーム)

将軍』(しょうぐん)は、ヘクトが1988年5月27日に発売したファミリーコンピュータシミュレーションRPGゲームである。

将軍
ジャンル 歴史シミュレーション
シミュレーションRPG
対応機種 ファミリーコンピュータ
発売元 ヘクト
人数 1人
メディア カートリッジ
発売日 1988年5月27日
テンプレートを表示

目次

概要編集

40人ある人間の中から1人を選び、1550年から始まり勝負や買収などで家来20人を集め、3つある城から巻物を手に入れるとクリアとなる。 戦ってくれない相手は、好戦度をあげる必要がある。武器を渡すと好戦度は上がる。

能力編集

  • 年齢-毎年1月に年をとる。年をとるにつれ知識が上昇する。
  • 野心-低いキャラは買収ができる。お金を拾うとその半分上昇する。
  • 力-人にあげることができる。
  • 好戦度-数値が低いと戦わない。武器を与えて上昇させる。
  • お金-人にあげて買収する。野心と連動。
  • 知識-数値が高いと家来に命令した際の持続時間が長くなる。
  • 家来-家来の数。
  • 忠誠心-50以下の時、月が替わると家来を辞めてしまう。
  • 武器-武器だけでなく防具、手形など所持しているものを表示。

登場人物編集

大名
最初から城に入れることができる。
いしどう
とらなが
まさむね
武士
みつひで
ゆきむら
けんしん
ひでよし
しんげん
みつなり
かついえ
よしまさ
奥方
まりこ
あやこ
ゆりこ
農民
はたさく
ほうさく
まんさく
はな
とめ
うめ
外人
あんじん
かれん
僧侶
アイテムの経文を渡すと家来になってくれるものもいる。
けんかい
たいせい
悪漢
けんしゅ
まつぞう
たつぞう
とらぞう
漁師
全レベル最低。上級者向け。
ほっけ
さんま
商人
えちごや
おおみや
みかわや
きのくにや
みのや
おつる
おしん
おせん
おゆみ
おとみ

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通19/40[1]

ファミコン通信クロスレビューでは3、5、7、4の19点[1]。レビュアーのうち3人(3、5、4点をつけた者)内容を理解するのに結構時間がかかる、何をすればいいのか分からなくなる、基本的にはSLGだが数値を自分で変えるなどするわけではないので厳密にそうとも言えず偶発的な部分も多い、道に食べ物が落ちている、新しい試みだが何を狙ったのかわからない奇妙なゲームだとし、7点をつけた者はRPGとSLGを合わせたゲームで異人や女性などキャラクターが豊富、コマンドが分かりにくくSLGはちょっとつまらないが結構ハマるとした[1]

出典編集

  1. ^ a b c ファミコン通信No.49 1988年5月20日 13ページ