メインメニューを開く

尊朝流(そんちょうりゅう)は、尊朝法親王尊円流から、分化発展させた書流

弟子編集

清原重吉尊純法親王など。松花堂昭乗もその影響を色濃く受けたとされる。

当流派の意義編集

この流儀の極盛(徳川将軍家の御用書流になるなど)をもって、いわゆる御家流の発生の近因とされる。