尊済法親王

鎌倉時代の法親王

尊済法親王(そんさいほっしんのう、嘉元2年(1304年)- 元徳元年9月10日1329年10月3日))は、鎌倉時代末期の法親王天台宗後二条天皇の第五皇子で、母は宮人・藤原公親の娘。初名は永尊[1]常喜院と号す。

尊済法親王
続柄 後二条天皇第五皇子

称号 常喜院
身位 法親王
出生 嘉元2年(1304年
死去 元徳元年9月10日1329年10月3日)(享年26)
父親 後二条天皇
母親 藤原公親
役職 一身阿闍梨
テンプレートを表示

円満院に入り、元亨2年12月19日1322年1月26日)に一身阿闍梨に補任されるが、元徳元年(1329年)9月10日に26歳で薨去した。

脚注 編集

  1. ^ 『諸門跡譜』圓満院。

参考文献 編集

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年