メインメニューを開く

小さな水車』(ドイツ語: Moulinet作品57は、ヨーゼフ・シュトラウスが作曲したポルカ・フランセーズ(フランス風ポルカ)。

目次

邦題編集

 
長らく風車系の邦題が主流だったが、実際は山の谷川にかかる水車を表現したものらしい

「Moulinet」には水車風車の二つの意味があり、この曲の邦題は長らく統一されていなかった。これまで使われてきた代表的な邦題を以下に列挙する。

  • 『風車[1]
  • 『小さい風車[2]
  • 『小さな風車』
  • 『水車』
  • 『小さい水車』
  • 『小さな水車』

最近では「風車」ではなく「水車」が正しいと認識されつつあり、近年の日本ヨハン・シュトラウス協会は『小さな水車』を用いている。よって、当記事では『小さな水車』を正式なものとする。

楽曲解説編集

鍛冶屋のポルカ』と並んで、ヨーゼフ・シュトラウスの代表的なポルカ・フランセーズとして知られる。ウッドブロックを用いて、粉を突く杵の音のリズムが刻まれる。

1858年7月26日、ウンガー・カジノ(Ungers Casino)において初演された。

冒頭部

 

ニューイヤーコンサート編集

出典編集

  1. ^ 小川(1975) p.254
  2. ^ 井上(1985) p.238

参考文献編集

外部リンク編集

音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
  Moulinet-Polka - モスクワ国立交響楽団(МГАСО)演奏。公式YouTubeチャンネル。