井上 和男(いのうえ かずお、1924年12月27日 - 2011年6月26日[1])は、日本映画監督

来歴編集

神奈川県小田原市出身。神奈川県立小田原中学校(現・神奈川県立小田原高等学校)をへて早稲田第一高等学院に入る、1944年3月学徒応召し海軍飛行少尉に任官。1945年8月復員、早稲田大学商学部に入る。在学中に小田原で劇団こゆるぎ座を創立し劇作家を目ざす。[要出典]

1948年に大学を卒業し[要出典]松竹大船撮影所脚本部に入る[1]新藤兼人に師事し、その勧めで助監督試験を受け、12月に助監督となる(松山善三と同期)。渋谷実川島雄三小津安二郎東京物語』で助監督を務める。[要出典]

1955年、京都映画『父と子と母と』で監督を務め、1958年松竹大船の監督に昇進する。桑野みゆきの初主演『野を駆ける少女』で正式デビュー。監督6作目の『予科練物語・紺碧の空遠く』(1960年)は航空自衛隊の協力を得た映画で、1960年4月12日の衆議院内閣委員会では日本社会党石橋政嗣朝日新聞の報道を引く形で「自衛隊員の行進を見ていた元特攻隊員の人物が駆けだしていくというラストカットを除去させたのではないか」と取り上げ、防衛庁の政府委員は「はなはだこちらの協力した意図するところと違うので、松竹側に対して不満を申し出た」「松竹側が自発的にその部面を削った」と答弁している[2]。『水溜り』『熱愛者』で馬場当とともに「松竹ヌーヴェルバーグ」の先駆けとされる[1]

1964年松竹専属を解いてフリーとなる[要出典]。1965年、東宝ワーナー・ブラザース合作『勇者のみ』の日本側監督を務める。1965年東京映画と契約し、東宝喜劇を撮ったあと1968年にフリーに戻る。同年、日本万国博覧会大阪ガスパビリオン映像監督となる[要出典]

1971年、映像制作・出版のため独立プロ・蛮友社を設立[1]。編著『小津安二郎・人と仕事』を刊行し、1983年に松竹の記録構成映画『生きてはみたけれど・小津安二郎伝」の脚本・監督を手がけた[1]

テレビでは1969年の『どっこいしょ』(東海テレビ放送)などのドラマに携わり、また東京宝塚劇場明治座新橋演舞場など舞台の脚本・演出も手がける。遺作は小林旭が監督した『春来る鬼』(1989年)の製作[3]

製作編集

監督編集

※会社名の記載のないものは松竹での制作。

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e “井上和男氏が死去”. 文化通信. (2011年7月1日). https://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?bc=2&id=1149 2020年6月21日閲覧。 
  2. ^ 第34国会 衆議院内閣委員会 第27号 昭和35年4月12日 - 国会会議録検索システム
  3. ^ 『日本映画人名事典 監督篇』