メインメニューを開く

小学唱歌集(小學唱歌集、しょうがくしょうかしゅう)は、1879年(明治12年)に伊沢修二の主唱で創設された文部省音楽取調掛によって、学校教育用に編纂された唱歌集である。1884年(明治17年)にかけて順次出版された初編、第二編、第三編の全三編から構成されている。日本初の五線譜による音楽教科書である。

曲目一覧編集

初編編集

  • 1 かをれ
  • 2 春山(はるやま)
  • 3 あがれ
  • 4 いはへ
  • 5 千代に(ちよに)
  • 6 わかの浦(わかのうら)
  • 7 春は花見(はるははなみ)
  • 8 鴬(うぐひす)
  • 9 野邊に(のべに)
  • 10 春風(はるかぜ)
  • 11 桜紅葉(さくらもみぢ)
  • 12 花さく春(はなさくはる)
  • 13 見わたせば(みわたせば)
  • 14 松の木蔭(まつのこかげ)
  • 15 春のやよひ(はるのやよひ)
  • 16 わが日の本(わがひのもと)
  • 17 蝶々(てふてふ)
  • 18 うつくしき
  • 19 閨の板戸(ねやのいたど)
  • 20 (ほたる)
  • 21 若紫(わかむらさき)
  • 22 ねむれよ子(ねむれよこ)
  • 23 君が代
  • 24 思ひいづれば(おもひいづれば)
  • 25 薫りにしらるる(かをりにしらるる)
  • 26 隅田川
  • 27 富士山(ふじのやま)
  • 28 おぼろ
  • 29 雨露(あめつゆ)
  • 30 玉の宮居(たまのみやゐ)
  • 31 大和撫子(やまとなでしこ)
  • 32 五常の歌(ごじょうのうた)
  • 33 五倫の歌(ごりんのうた)

第二編編集

  • 34 鳥の聲(とりのこゑ)
  • 35 霞か雲か(かすみかくもか)
  • 36 年たつ今朝(としたつけさ)
  • 37 かすめる空
  • 38 燕(つばめ)
  • 39 鏡なす
  • 40 岩もる水(いはもるみづ)
  • 41 岸の櫻(きしのさくら)
  • 42 遊猟
  • 43 み谷の奥
  • 44 皇御國(すめらみくに)
  • 45 榮行く御代(さかゆくみよ)
  • 46 五日の風(いつかのかぜ)
  • 47 天津日嗣(あまつひつぎ)
  • 48 太平の曲
  • 49 御寺の鐘の音(みてらのかねのね)

第三編編集

  • 50 やよ御民(やよみたみ)
  • 51 春の夜
  • 52 なみ風
  • 53 あふけば尊し
  • 54 雲
  • 55 寧楽の都(ならのみやこ)
  • 56 才女
  • 57 母のおもひ
  • 58 めぐれる車
  • 59 墳墓(ふんぼ)
  • 60 秋の夕暮(あきのゆふぐれ)
  • 61 古戦場(こせんぢやう)
  • 62 秋艸(あきくさ)
  • 63 富士筑波(ふじつくば)
  • 64 園生の梅(そのふのうめ)
  • 65 橘(たちばな)
  • 66 四季の月(しきのつき)
  • 67 白蓮白菊(はくれんはくきく)
  • 68 学び(まなび)
  • 69 小枝(さえだ)
  • 70 船子(ふなこ)
  • 71 鷹狩(たかがり)
  • 72 小船(をぶね)
  • 73 誠は人の道(まことはひとのみち)
  • 74 千里の道(ちさとのみち)
  • 75 春の野
  • 76 瑞穂(みづほ)
  • 77 楽しわれ(たのしわれ)
  • 78 (きく)
  • 79 忠臣(ちうしん)
  • 80 千草の花(ちぐさのはな)
  • 81 きのふ今日(きのふけふ)
  • 82 頭の雪(かしらのゆき)
  • 83 さけ花よ
  • 84 高嶺(たかね)
  • 85 四の時(よつのとき)
  • 86 花月(くわげつ)
  • 87 治る御代(をさまるみよ)
  • 88 祝へ吾君を(いはへわがきみを)
  • 89 花鳥(はなとり)
  • 90 心は玉(こころはたま)
  • 91 招魂祭(せうこんさい)

参考文献編集

文部省音楽取調掛編纂『小学唱歌集 初編』小学校師範学校中学校教科用書,明治14年11月24日付,高等師範学校付属音楽学校発行。同、『第二編』明治16年3月28日、『第三編』明治17年3月29日。

関連項目編集