メインメニューを開く

小川 耕一(おがわ こういち、生没年不詳)とは、明治時代浮世絵師

来歴編集

尾形月耕の門人。姓は山村、名は清助。出身地など詳しい閲歴は未詳。月耕が弓町に住んでいた時期(明治8年〈1875年〉 - 明治14年〈1881年〉)からの古い門人であると伝わる。主にボール表紙本や雑誌の挿絵に腕を揮うが錦絵も描く。雑誌の挿絵の例として、明治26年(1893年)9月刊行の『幼年画譜』、明治29年(1896年)2月刊行の『修身画訓』と『風俗画報』、また同年5月の『小学生徒教育修身の話』などがある。

作品編集

  • 「婦人風俗画」 石版画(洋紙) 明治29年(1896年)

参考文献編集