メインメニューを開く

小早川 欣吾(こばやかわ きんご、1900年6月16日 - 1944年6月16日)は、日本法学者。元京都帝国大学教授。専門は法制史兵庫県神戸市生まれ。

来歴編集

立命館中学校、山口高等学校を経て、1925年に京都帝国大学法学部に入学。1933年、同大学助教授に就任するとともに、同志社大学講師に。その後、京都帝国大学教授・人文科学研究所員として主に東洋法制史の講義を担当した。

主な著作編集

  • 『日本担保法史序説』(宝文館、1933年)
  • 『明治法制史論公法之部 上巻』(巌松堂書店、1940年)
  • 『日本近世民事裁判手続の研究』(日本法理研究会、1942年)
  • 『明治法制史論公法之部 下巻(訂正再版)』(巌松堂書店、1944年)
  • 『続明治法制叢考』(山口書店、1944年)
  • 『明治法制叢考』(京都印書館、1945年)
  • 『近世民事訴訟制度の研究』(有斐閣、1957年)
  • 『日本担保法史序説(改版復刊)』(法政大学出版局、1979年)
  • 『(増補)近世民事訴訟制度の研究』(名著普及会、1988年)
  • 『小早川欣吾先生東洋法制史論集』(常盤印書館、1996年)

関連項目編集