小杉 左近(こすぎ さこん)は、戦国時代武将。実名は不明。甲斐武田氏の近習を務めた。「家康に過ぎたるものが」から始まる有名な狂歌を書いた人物。

 
小杉左近
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
主君 武田信玄
氏族 小杉氏
テンプレートを表示

略歴編集

元亀3年(1572年)10月12日、武田信玄織田信長徳川家康を討って上洛を果たす為に躑躅ヶ崎館を出陣する。この出陣の前に信玄は山県昌景率いる別働隊5000を三河国に、秋山虎繁率いる伊那衆を美濃国へと派遣した。北条氏政からの援軍も合わせた総勢3万の軍勢で武田軍は徳川領に侵入。山県昌景の手によって山家三方衆は降伏、また井平城只来城飯田城、秋山信友の手によって岩付城が陥落、そして天野景貫犬居城も降伏し、状況は武田方が優勢に、反対に徳川方が大きく劣勢となる。これに対し家康は内藤信成本多忠勝を偵察として行かせ、家康自身も3,000の軍勢を率いて浜松城を出陣した。が、内藤・本多隊と武田軍との軍勢が偶然にも遭遇する。

偶然の遭遇戦で陣形もまだ整えきっておらず、坂の下で不利な地形にいる徳川軍に武田方の馬場信春が突撃すると同時に逃げ道を塞ごうとした。対する内藤・本多勢は逃走したが、追いつかれてしまう。本多忠勝は、本隊と内藤隊を逃がす為、自ら殿(しんがり)を引き受ける。前から突撃してくる馬場隊に本多隊は3陣の内第2陣まで突き崩される。本多隊は坂の下で退路を塞いでいる隊に敵中突破し、戦場離脱をはかった。 本多忠勝自身、討ち死を覚悟してでの敵中突破であったが、この隊の隊長は本多隊の狂気と死兵と戦うのを恐れて自ら部下に本多隊に道を空けるよう指示した。

本多忠勝はその隊の隊長に対し、「武士の情けを心得ている者とみた、お名前を」これに対し、隊の隊長「小杉左近と申す乱心者、はようわしの気が変わらぬうちにいきなされ!」っと答える。

後日一言坂に狂歌でつづられた落書が落ちていた。

家康ニ過ギタルモノガ二ツアリ、唐ノ頭ニ本多平八

書いたのはほかならぬ小杉左近であった。この落書で本多忠勝の武名は近隣に轟いたのである。尚、この坂の上での戦いを一言坂の戦いといい、三方ヶ原の戦いの前哨戦である。