メインメニューを開く

小林 哲夫(こばやし てつお、1950年 - )は、日本地球科学者。専門は火山地質学理学博士

北海道大学大学院理学研究科修士課程(地質学鉱物学専攻)修了。1989年 北海道大学 理学博士 「GEOLOGY AND PETROLOGY OF RISHIRI VOLCANO,HOKKAIDO,JAPAN(利尻火山の地質学的および岩石学的研究)」。 鹿児島大学理学部地球環境科学科教授日本火山学会評議員、人類史研究会編集顧問、日本地質学会代議員を歴任。

著書編集

  • 高橋正樹・小林哲夫編 『関東・甲信越の火山I』 築地書館〈フィールドガイド日本の火山1〉、1998年、ISBN 4-8067-1156-X
  • 高橋正樹・小林哲夫編 『関東・甲信越の火山II』 築地書館〈フィールドガイド日本の火山2〉、1998年、ISBN 4-8067-1157-8
  • 高橋正樹・小林哲夫編 『北海道の火山』 築地書館〈フィールドガイド日本の火山3〉、1998年、ISBN 4-8067-1158-6
  • 高橋正樹・小林哲夫編 『東北の火山』 築地書館〈フィールドガイド日本の火山4〉、1999年、ISBN 4-8067-1177-2
  • 高橋正樹・小林哲夫編 『九州の火山』 築地書館〈フィールドガイド日本の火山5〉、1999年、ISBN 4-8067-1165-9
  • 高橋正樹・小林哲夫編 『中部・近畿・中国の火山』 築地書館〈フィールドガイド日本の火山6〉、2000年、ISBN 4-8067-1199-3

主要論文編集

  • 『北海道利尻火山の岩石学的研究 : 火山および火山岩』日本地質学会学術大会講演要旨 82, 214, 1975-03-25, NAID 110003033387
  • 『桜島火山の地質 : これまでの研究の成果と今後の課題』 火山. 第2集 27(4), 277-292, 1982-12-28, NAID 110002992957
  • 『由布・鶴見火山の地質と最新の噴火活動』 地質学論集 (24), 93-107, 1984-11-30, NAID 110003025159
  • 『トカラ列島の火山』 火山. 第2集 30(1), 45-47, 1985-04-01, NAID 110002989992
  • 『桜島火山の形成史と火砕流』 文部省科学研究費自然災害特別研究, 計画研究「火山噴火に伴う乾燥粉体流 (火砕流等) の特質, 137-163, 1986, NAID 10009476886
  • 桜島火山』 地質学雑誌 Vol.120 (2014) No.Supplement p.S63-S78, doi:10.5575/geosoc.2014.0020

共著編集

  • 小林哲夫、岩松暉、露木利貞、『姶良カルデラ壁の火山地質と山くずれ災害』 鹿児島大学理学部紀要. 地学・生物学 Vol.10 p.53 -73, hdl:10232/5891
  • 山崎哲良、小林哲夫、河内晋平、『長野県和田峠付近の地質と岩石』 地質学雑誌 Vol.82 (1976) No.2 P127-137, doi:10.5575/geosoc.82.127
  • 小林哲夫、早川由紀夫、荒牧重雄、『姶良カルデラ大隅降下軽石堆積物の層厚・粒度分布』 火山. 第2集 28(2), 129-139, 1983-07-01, NAID 110002992164
  • 早川由紀夫、小林哲夫、白尾元理、荒牧重雄ほか、『1983年 10月 3・4日三宅島火山噴出の降下火砕堆積物』 火山. 第2集 29(TOKUBE), S208-S220, 1984-12-28, NAID 110002990002
  • 奥野充、小林哲夫、『種子島に分布する後期更新世テフラ』 第四紀研究 Vol.33 (1994) No.2 P.113-117, doi:10.4116/jaqua.33.113
  • 小林哲夫、溜池俊彦、『桜島火山の噴火史と火山災害の歴史』 第四紀研究 Vol.41 (2002) No.4 P.269-278, doi:10.4116/jaqua.41.269

外部リンク編集