小林愛理奈

日本の女子キックボクサー

小林 愛理奈(こばやし ありな、2000年11月2日 - )は、日本の女子キックボクサー兵庫県加古川市出身。FASCINATE FIGHT TEAM所属。現RISE QUEEN ミニフライ級王者。プロボクサーの小林豪己は兄[2]

小林 愛理奈
基本情報
通称 ハイブリッドK→女破壊神
身長 152cm[1]
体重 49kg
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (2000-11-02) 2000年11月2日(23歳)
出身地 兵庫県加古川市
所属 FASCINATE FIGHT TEAM
スタイル キックボクシング空手
プロキックボクシング戦績
総試合数 16
勝ち 12
KO勝ち 4
敗け 3
引き分け 1
無効試合 0
テンプレートを表示

経歴

編集

2020年2月11日、RISE GIRLS POWER.2において松谷綺を相手にデビュー戦を迎え[3]、判定1-1で引き分けた[4]

2021年1月17日、RISE GIRLS POWER.4においてRISE QUEENアトム級王座への挑戦者を決めるためのNEXT QUEENトーナメントが行われ[5]、初戦で奥脇奈々と対戦し[6]、3R TKO勝利。決勝で宮﨑小雪と対戦し、判定0-3で敗れ、優勝を逃した[7]

2021年4月17日、RISE148において平岡琴と対戦し、判定2-0で勝利した[8]

2022年5月29日、RISE158においてRISE QUEENアトム級タイトルマッチで王者の宮﨑小雪に挑戦するも[9]、判定0-3で敗れ、王座奪取ならず[10]

2022年11月3日、RISE EVOL.11において宮﨑若菜と対戦し、判定3-0で勝利した[11]

2022年12月10日、RISE148のオープンフィンガーグローブマッチにおいて平岡琴と再戦し、判定3-0で勝利した[12]

2023年2月23日、RISE166においてシュートボクシング王者のMISAKIと対戦し、3Rでダウンを奪い、判定3-0で勝利[13]

2023年11月18日、RISE173においてRISE QUEENミニフライ級タイトルマッチで王者のerika♡に挑戦し[14]、2R TKO勝ちを収め、王座奪取に成功した[15]

2024年1月14日、RISE175においてワン・チンロンとノンタイトル戦で対戦し[16]、2R KO勝ち[17]

2024年5月19日、RISE178のオープンフィンガーグローブマッチで小林愛三と対戦し[18]、2Rでダウンを奪い、判定3-0で勝利[19]

戦績

編集
キックボクシング 戦績
16 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
12 4 8 0 1 0
3 0 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
小林愛三 3R終了 判定3-0 RISE178 2024年5月19日
ワン・チンロン 2R 1:32 KO(左ボディ) RISE175 2024年1月14日
erika♡ 2R 0:11 TKO(パンチ) RISE173 2023年8月26日
花田麻衣 3R終了 判定3-0 RISE171 2023年8月18日
MISAKI 3R終了 判定3-0 RISE166 2023年2月23日
平岡琴 3R終了 判定3-0 RISE163 2022年12月10日
宮﨑若菜 3R終了 判定3-0 RISE EVOL.11 2022年11月3日
× 宮﨑小雪 5R終了 判定0-3 RISE158
【RISE QUEENアトム級タイトルマッチ】
2022年5月29日
祥子JSK 2R 2:57 KO(3ノックダウン) RISE154 2022年1月23日
百花 3R終了 判定3-0 RISE WORLD SERIES 2021 OSAKA 2021年7月18日
平岡琴 3R終了 判定2-0 RISE148 2021年4月17日
× 宮﨑小雪 3R終了 判定0-3 RISE GIRLS POWER.4 2021年1月17日
奥脇奈々 3R 2:20 KO(3ノックダウン) RISE GIRLS POWER.4 2021年1月17日
× 宮﨑小雪 3R終了 判定0-3 RISE DEAD OR ALIVE 2020 YOKOHAMA 2020年10月11日
佐藤レイナ 3R終了 判定3-0 RISE141 2020年9月13日
松谷綺 3R終了 判定1-1 RISE GIRLS POWER.2 2020年2月11日

獲得タイトル

編集
  • 第3代RISE QUEENミニフライ級王座

入場テーマ曲

編集

脚注

編集
  1. ^ FIGHTER 小林愛理奈”. www.rise-rc.com. 2024年5月22日閲覧。
  2. ^ “4団体で世界ランク入りの最軽量級のホープ、小林豪己選手インタビュー。 世界を見据えた現在のキャリアは「うまく行っているんじゃないかな、とは思えています。ここからが本番」”. U-NEXT SQUARE. (2023年8月3日). https://square.unext.jp/article/Kobayashi-Goki-interview 2024年2月4日閲覧。 
  3. ^ バチバチ女子高生対決、AKARI「ぶっ倒して勝つしかない」RAN「どこを潰そうか」”. gonkaku.jp. 2023年8月12日閲覧。
  4. ^ RISE GIRLS POWER.2”. RISE. 2023年8月12日閲覧。
  5. ^ RISE 1.17(夜) 新宿フェイス:女子アトム級若手4選手 宮﨑小雪、小林愛理奈、佐藤レイナ、奥脇奈々が1DAYトーナメントに挑む”. boutreview.com. 2022年3月5日閲覧。
  6. ^ T優勝候補の宮崎小雪、他の3人に「どいつも微妙、正直私の相手ではない」=1.17”. efight.jp. 2022年3月5日閲覧。
  7. ^ RISE GIRLS POWER 1.17 新宿フェイス:17歳の新鋭・宮﨑小雪、アトム級トーナメント優勝。飛び級で王者・紅絹に挑戦へ”. boutreview.com. 2022年3月5日閲覧。
  8. ^ 【RISE】小林愛三が田渕涼香にリベンジ果たし正規王者昇格、工藤政英は田渕神太の粘りにKOならず”. efight.jp. 2023年11月3日閲覧。
  9. ^ 王者・宮﨑小雪が2度勝利した小林愛理奈を相手に初V戦、小林の師・原口健飛は「もう負けられない」”. efight.jp. 2022年4月20日閲覧。
  10. ^ 中野椋太、稲井良弥を剛腕連打でKOし5冠王に、宮﨑小雪は小林愛理奈をテクニックで完封し初V=全試合結果”. efight.jp. 2022年5月29日閲覧。
  11. ^ 大会結果 RISE EVOL.11 2022年11月3日”. rise-rc.com. 2023年11月3日閲覧。
  12. ^ 【RISE】女子初OFGマッチは小林愛理奈が勝利!平岡琴からダウン奪い激闘を制す”. efight.jp. 2023年11月3日閲覧。
  13. ^ 【RISE】“ダークホース”松本天志がフライ級T優勝! 決勝で塚本望夢からダウン3回奪い、TKO勝利”. efight.jp. 2023年11月3日閲覧。
  14. ^ erika♡が小林愛理奈を相手に初防衛戦。勝って海外の強豪との戦いへ意欲【RISE173】 | TOKYO HEADLINE”. tokyoheadline.com (2023年9月14日). 2023年11月1日閲覧。
  15. ^ 【RISE】小林愛理奈が豪打でerikaにTKO勝ち「天国のおばあちゃんに見せられて良かった」 - 格闘技 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2023年11月18日閲覧。
  16. ^ 【RISE】小林愛理奈、“台湾の妖精”ワン・チンロンと激突!木村“ケルベロス”颯太も参戦=1.14”. efight.jp. 2023年12月22日閲覧。
  17. ^ 【RISE】大雅がチャンヒョン・リーを攻略、K-1とRISEの2団体制覇を達成「武尊選手頑張ってください」、KO勝ちの小林愛理奈が小林愛三にOFG戦を要求、愛三も受けて立つ。木村ケルベロスがダウン奪う完勝、翔が上位ランカー山川賢誠をKO”. gonkaku.jp. 2024年1月14日閲覧。
  18. ^ 【RISE】小林愛理奈と小林愛三がOFGで激突、両者ともONE最強女王ペッティージャーとの対戦を目標に掲げる”. gonkaku.jp. 2024年4月5日閲覧。
  19. ^ 【RISE】小林愛理奈が小林愛三と激しい打ち合い、ダウンを奪って勝つ。麗也が酒井柚樹との熱戦を制す、實方拓海はダウン奪いタダヨニ撃破、寺山遼冴が1年ぶり再起戦で圧勝=速報中”. gonkaku.jp. 2024年5月19日閲覧。

関連項目

編集