WANIMA

日本のロックバンド

WANIMA(ワニマ)は、日本ロックバンド[1]。所属事務所はPIZZA OF DEATH。レーベルはワーナーミュージック・ジャパン内の社内レーベルであるunBORDE

WANIMA
出身地 日本の旗 日本熊本県
ジャンル ロック
パンク・ロック
メロディック・ハードコア
オルタナティヴ・ロック
エモ
パワー・ポップ
ポップ・パンク
レゲエ
活動期間 2010年 -
レーベル PIZZA OF DEATH RECORDS
(2014年 - 2017年)
unBORDE
(2017年 - )
事務所 PIZZA OF DEATH MANAGEMENT(2014年 - )
公式サイト https://wanima.net/
メンバー KENTA(ボーカルベース
KO-SHIN(ギターコーラス
FUJI(ドラムス・コーラス)
旧メンバー WAKITA(ドラムス)

メンバー編集

メンバーは全員熊本県出身。 バンドの名前の由来は、メンバーの頭名字。

KENTA(ケンタ、 (1988-04-13) 1988年4月13日(32歳) - )身長170cm
ボーカルベース ワンチャン 担当。本名は松本 健太(まつもと けんた)。天草市出身、O型。レフティ。オッドアイ。WANIMAのMA(松本のMA)。姉の影響で海外のレゲエヒップホップを聴いて育つ。4歳から一緒で幼馴染のKO−SHINに聴かせてもらったパンク・ロック に衝撃などの受けバンドを聴き始める。中学の文化祭に出るためにKO−SHINと5人組のFreedomというバンドを始め、高校生の時にWANIMAの前身バンドHANIMAを結成[2][3][4][5]。HANIMAでは地元天草に自分たち自らスタジオを作りライブを行っていた。幼少時代はKO-SHINとともに貧しい生活を逃れる為に魚を釣り市場で売って飢えを凌いでいた。靴や帽子などが好きでライブ中に興奮し客席に投げることがある。 座右の銘は「迷いなら捨てて、後腐れ無しで。」「ワンチャン狙う」。ライブでは「1CHANCE」や「開催します」や「チカラー」など結成当初から定番の掛け声がある。
KO−SHIN(コーシン、 (1989-03-30) 1989年3月30日(31歳) - )身長172cm
ギターコーラス 無口 担当。本名は西田 光真(にしだ こうしん)。天草市出身、A型。WANIMAのNI(西田のNI)。中学生の時にパンクバンドをやっていた先輩に影響されギターを弾き始め、KENTAから見た目がギターだという理由でバンドを組まされる。中学の文化祭に出るためにKENTAとともにバンドを始め、高校生の時にWANIMAの前身バンドHANIMAを結成する[2][4]。高校卒業後、家庭内の事情から弟が高校を卒業するまで自衛隊に入隊することを決意し、音楽から一旦離れた生活を送る。2年後、弟が卒業したタイミングで自衛隊を辞め上京し、KENTAと再びバンド活動を始める[3][6]。自衛隊ではミサイル部隊にいたが「武器を楽器に」をモットーにミサイルからギターに変更。初体験をしたということをおばあちゃんに報告した時におばあちゃんから赤飯を炊いてもらったという経験がある。最近は筋トレを始めキャラ設定が常に謎キャラである。
FUJI(フジ、 (1986-08-08) 1986年8月8日(34歳) - )身長178cm
ドラムコーラス 仮加入 担当。本名は藤原 弘樹(ふじわら こうき)。熊本市出身、O型。WANIMAのWA(藤原のWA)。小学2年生の頃に兄の影響でドラムに興味を持つようになる[7]。上辺だけの友達が多く、中 高とバンドを組めず自宅で座布団を叩いていた。2012年、東京でライブハウスの店長を通じKENTAとKO−SHINと知り合いWANIMAの2代目ドラマーとして仮加入。バンド経験が多く、加入するバンドが解散や活動休止になるためあだ名が「クラッシャー藤原」となった。ライブではモノマネを披露するなど安定したポテンシャルだが飛び抜けたものは感じない。

来歴編集

2006年
  • 前身バンド HANIMA の解散後、KENTA(Vo.Ba)は熊本から上京。
2008年
  • KENTAと幼なじみのKO-SHIN(Gt.Cho)が自衛隊を退役し上京。
2010年
  • 前任のドラムのWAKITAと出会い、WANIMAを結成。
2012年
  • 8月、前任のドラムのWAKITAが脱退。
  • 12月、ファッションブランド LEFLAH とコラボ開始。
  • 同郷の熊本出身のFUJI(Dr)が加入(仮)する。
2013年
  • 4月、2ndデモ 『HELLO!! MY NAME IS…』リリース。12箇所のツアーを自主で行い、ツアーファイナルは新宿ACBで行う。
  • 9月、ファッションブランドLEFLAHの4周年記念イベントに参加。
2014年
  • 2月、Ken Yokoyama “Peach Boys Tour”に4箇所帯同。
  • 3rd Demo『Feelings rip』をリリースし、東名阪ツアーを行う。
  • 8月にPIZZA OF DEATH RECORDSと契約した事が発表され、9月にはKen Yokoyama「Summer Fags Tour〜P.O.D. LEAGUE〜」に帯同する。
  • 10月、初の全国流通盤となる 1st mini Album『Can Not Behaved』をリリース。全国ツアー「Can Not Behaved Tour」を33箇所で開催、ファイナルは渋谷O-WESTにて行った。
2015年
2016年
2017年
  • 3月19日 - さいたまスーパーアリーナにて初のワンマンライブ「JUICE UP!! TOUR FINAL」を開催した[12]
  • 6月28日 - 映像作品『JUICE UP!! TOUR FINAL』をDVD・Blu-rayの2形態でリリース。DVDはキャリア史上初となるオリコン1位を獲得[13]し、Blu-rayでも3位とトップ3入りを果たす[14]
  • 5月17日 - 3rd SINGLE「Gotta Go!!」をリリース。この作品から、unBORDEのレーベルからの発売となる[15]
  • 11月12日 - WANIMAと1,000人の18歳世代(17 - 19歳)が一緒にひとつのステージを作り上げる「WANIMA 18祭(フェス)」を開催。
  • 11月16日 - 第68回NHK紅白歌合戦の出場が発表される。
  • 12月31日 - 第68回NHK紅白歌合戦初出場。
2018年
  • 1月23日 - 1月16日発売のメジャー1stアルバム『Everybody!!』が、初週で12.6万枚を売り上げオリコン週間アルバムチャートで1位を獲得。また、同日付の週間デジタルアルバムランキングでも初週1万5225DLで1位を獲得した[16]
  • 5月16日 - 映画『OVER DRIVE』の主題歌となった新曲『Drive』を配信リリース。
  • 8月3日 - 前回のアルバムにて収録されていた『Juice up!!のテーマ』がハリウッド映画『アントマン&ワスプ』オフィシャルソングに決定される。KENTAは『試写会にお邪魔させていただき、観終わってからはアリや小鳥など、小さい生き物や物に対して優しくなれた。』と語る。
  • 8月25日 - 26日 - メットライフドームにて初のドーム公演開催、2日間で計7万人を動員。なお同会場でアリーナエリアをオールスタンディングにしたのは初[17]
  • 9月5日 - WANIMA初の試みで、関ジャニ∞に「ここに」を楽曲提供する。
  • 10月27日 - NHK総合で2度目の「SONGS」に出演した。
  • 11月28日 - 2nd公演「Everybody!! TOUR FINAL」<Blu-ray・2DISCDVD>が発売。
2019年
  • 3月6日 - 4th SINGLE「Good Job!!」をリリース[18]
  • 7月17日 - 5th SINGLE 「Summer Trap!!」をリリース[19]
  • 8月27日 - 「ともに」のYouTube公式ミュージックビデオが、1億回視聴を達成。
  • 10月5日 - ナガシマスパーランドにて、『Summer Trap!! Release Party』を開催。
  • 10月23日 - メジャー2ndアルバム『COMINATCHA!!』をリリース。オリコン週間アルバムチャート(2019年11月04日付)では、初週で72,524枚を売り上げ、首位を獲得、CDアルバムでは2作連続での首位獲得となった[20]。また、オリコン週間デジタルアルバムランキングでも、初週で0.5万DLを記録し、1位を獲得した[21]

ディスコグラフィー編集

WANIMAのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 3
EP 1
シングル 5
映像作品 2
ダウンロード・シングル 3

シングル編集

CDシングル編集

  発売日 タイトル 規格品番 順位
インディーズ
1st 2015年8月5日 Think That... PZCA-72 14位
2nd 2016年8月3日 JUICE UP!! PZCA-78 4位
メジャー
3rd 2017年5月17日 Gotta Go!! WPCL-12663 3位
4th 2019年3月6日 Good Job!! WPCL-13028:初回限定盤
WPCL-12993:通常盤
4位
5th 2019年7月17日 Summer Trap!! WPCL-13063 10位

配信シングル編集

  発売日 タイトル 備考
インディーズ
1st 2017年3月8日 やってみよう 有料音楽配信ダブル・プラチナ認定(2017年6月)
メジャー
2nd 2017年10月26日 ヒューマン 有料音楽配信ゴールド認定(2018年9月)
3rd 2018年5月16日 Drive 有料音楽配信ゴールド認定(2019年4月)
4th 2020年3月12日 春を待って
5th 2020年6月15日 Milk

アルバム編集

ミニアルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 順位
インディーズ
1st 2014年10月22日 Can Not Behaved!! PZCA-69 21位

スタジオ・アルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 順位
インディーズ
1st 2015年11月4日 Are You Coming? PZCA-76 4位
メジャー
2nd 2018年1月17日 Everybody!! WPCL-12817(通常盤)
WPJL-10081/2(アナログ盤)
1位
3rd 2019年10月23日 COMINATCHA!! WPZL-31671/2(初回限定盤)
WPCL-13112(通常盤)
1位

映像作品編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2017年6月28日 JUICE UP!! TOUR FINAL WPBL-90438/9(DVD)
WPXL-90160(Blu-ray)
オリコン最高位1位(DVD)
オリコン最高位3位(Blu-ray)
DVDは2枚組
本編LIVE映像+JUICE UP!! TOUR ドキュメンタリー映像収録

ミュージックビデオ編集

監督 曲名
岩谷泰裕 「雨あがり 〜LIVE HOUSE ver.〜」
黒田賢 1106」「BIG UP」「THANX」「TRACE」「ララバイ

シグナル」 「Drive

谷川英司 これだけは(Short ver.)
番場秀一 ドームの面影!! 〜花火〜
不明 ともに」「CHARM」「リベンジ」「やってみよう

ヒューマン」 「アゲイン」 「渚の泡沫」 「夏のどこかへ」 「GONG」 「りんどう

タイアップ編集

起用年 曲名 タイアップ
2014年 BIG UP テレビ東京系『モヤモヤさまぁ〜ず2』エンディングテーマ[22]
2015年 TRACE スペースシャワーTV2015年8月度『POWER PUSH
2016年 切手のないおくりもの (Cover) リクルートカーセンサーCMソング[23]
ともに ニベア花王「8×4 ボディフレッシュ」CMソング[24]
2017年 やってみよう au三太郎シリーズ「春のトビラ・やってみよう」篇 CMソング[25]
ララバイ リクルート「タウンワーク」CMソング[26]
これだけは 日本マクドナルド「マックシェイク×カルピス」CMソング[27]
CHARM キッコーマン企業動画「おいしいって、金メダル。」編 起用曲[28]
森永製菓受験にinゼリー」CMソング[29]
ヒューマン フジテレビ木曜劇場刑事ゆがみ』主題歌[30]
シグナル NHKWANIMA 18祭[31]
2018年 Everybody!! リンガーハット「あさりたっぷり春ちゃんぽん」編 CMソング[32]
シグナル ロッテ」CMソング[33]
Drive 映画『OVER DRIVE』主題歌[34]
JUICE UP!!のテーマ 映画『アントマン&ワスプ』オフィシャル・ソング[35]
2019年 アゲイン TBS金曜ドラマメゾン・ド・ポリス』主題歌[36]
ANSWER 森永製菓「受験にinゼリー」CMソング[37]
夏のどこかへ アサヒ飲料三ツ矢サイダー」CMソング[38]
GONG 映画『ONE PIECE STAMPEDE』主題歌[39]
JOY ベネッセ進研ゼミ 中学準備講座」CMソング[40]

出演編集

音楽特番編集

ラジオ編集

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
2017年(平成29年)/第68回 ともに 10/23 水森かおり

主なライブ編集

ワンマンライブ・主催イベント編集

  • 2014年02月01日 - FULL OF OUR BIG DREAM TOUR 2014
  • 2014年04月14日・22日 - WANIMA "FEELINGS RIP" TOUR
    w/Baby smoker / EDDY / MINAMI NiNE
  • 2014年11月15日〜2015年05月17日 - Can Not Behaved!! Tour / Can Not Behaved!! Encore Tour
    w/MINAMI NiNE / BUZZ THE BEARS / FREE KICK / 04 Limited Sazabys / 3style / Boobie Trap / Dizzy Sunfist / FEELFLIP / Northern19 / SHANK / sumika / a flood of circle / ALL IN A NUTSHELL / DRADNATS / dustbox / EL CARNAVALOW / FILTER / FOUR GET ME A NOTS / GOOD4NOTHING / HAKAIHAYABUSA / HOTSQUALL / InbiZiBuru / LEXT / locofrank / LOST IN TIME / NUBO / RAY Special Band / SABOTEN / SHIMA / SPACE BOYS / SUNSET BUS / THE NO EAR / UNLIMITS / サイプレス上野とロベルト吉野 / ツいてるズ / バックドロップシンデレラ
  • 2015年05月28日 - WANIMA presents 1CHANCE NIGHT 〜お好み焼きより先に食べるんじゃけぇの〜
    w/Dizzy Sunfist / THE FOREVER YOUNG
  • 2015年08月10日 - 『Think That…』発売記念インストアライブ @ TOWER RECORDS新宿
  • 2015年09月01日〜10月04日 - WANIMA 「Think That… Tour」
    w/GOOD4NOTHING / NUBO / SHANK / 04 Limited Sazabys / COUNTRY YARD / G-FREAK FACTORY / PAN / ROTTENGRAFFTY / UNLIMITS / YOUR SONG IS GOOD
  • 2015年11月21日〜2016年02月27日 - WANIMA「Are You Coming? Tour」
    w/MINAMI NiNE / THE FOREVER YOUNG / HUSKING BEE / 10-FEET / sumika / FUNKIST / dustbox / Crossfaith / Northern19 / SHAKA LABBITS / OVER ARM THROW / Dizzy Sunfist / フラワーカンパニーズ / サンボマスター / SiM / Fear, and Loathing in Las Vegas / MONGOL800
  • 2016年09月20日〜2017年01月27日 - WANIMA「JUICE UP!! TOUR」
    w/ジャパハリネット / 餓鬼レンジャー / Fear, and Loathing in Las Vegas / J-REXXX / FIRE BALL[要曖昧さ回避] / TATU / RAY / ストレイテナー / Crossfaith / 9mm Parabellum Bullet / OVER ARM THROW / LOST IN TIME / MINAMI NiNE / ROTTENGRAFFTY / サイプレス上野とロベルト吉野 / RIP SLYME / MINMI / 竹原ピストル / サンボマスター / Peace Tone ROCKet's/MAN WITH A MISSION/東京スカパラダイスオーケストラ/OKAMOTO'S/RIZE/MONGOL800
  • 2017年02月13日〜2017年03月19日 - MAN WITH A MISSION / MONGOL800 / OKAMOTO'S / RIZE / 東京スカパラダイスオーケストラ
  • 2017年06月03日 - uP!!!NEXT WANIMA 〜Gotta Go!! Release Party〜
  • 2017年10月03日〜2017年10月04日 - WANIMA「1CHANCE NIGHT〜おいどんとてげてげの集い2017〜」
  • 2017年12月07日〜2017年12月19日 - WANIMA「1CHANCE NIGHT 〜来年は戌年!! ワンワン吠えて、ワンチャンばい!!〜」
  • 2018年02月01日〜2018年08月26日 - WANIMA「Everybody!! TOUR」
    • 02月01日〜05月04日 - Everybody!! TOUR
    • 05月09日 - Everybody!!発売後夜祭!!~発売112日記念日!!~
    • 08月02日 - 1CHANCE NIGHT 京都編 ~WANIMAが舞妓と虎虎虎!!~
    • 08月15日 - Everybody!! Tour ライブハウス編 in 渋谷 ~男女が残暑に盆盆盆!!~
    • 08月25日〜08月26日 - Everybody!! TOUR FINAL
  • 2018年11月05日〜2019年03月04日 - WANIMA「1CHANCE NIGHT TOUR 2018→2019」
  • 2019年05月21日〜06月05日 - WANIMA「1CHANCE NIGHT TOUR 2018→2019」追加公演
  • 2019年06月22日〜06月23日 - WANIMA Good Job!! Release Party"梅雨知らず ほっかいどう de どうでしょう?"
  • 2019年07月06日 - WANIMA Good Job!! Release Party"WANIMA 天草の乱 ~「﨑津集落」世界遺産登録1周年~"
  • 2019年07月15日 - WANIMA Good Job!! *Release Party"カオス!!ギネス!?日本初!!"

*2019年10月05日 - WANIMA Summer Trap!! Release Party ナガシマスパーランド芝生広場 特設ステージ

  • 2019年11月〜2020年4月 - WANIMA COMINATCHA!! TOUR 2019-2020 (ライブハウス&ホール編は2019年・アリーナ編は2020年)

出演イベント編集

エピソード編集

  • バンド名は前ドラマーの「WA」、西田の「NI」、松本の「MA」と、結成当初のメンバーの頭文字を合わせたもので、現在は「WA」の部分は藤原(FUJIWARA)の「WA」としている[42]
  • ライブでの登場SEはスキャットマン・ジョンの「Scatman (Ski Ba Bop Ba Dop Bop)」であったが、TSUTAYA O-WESTで行われた「JUICE UP!! TOUR」初日公演 (2016年09月20日)よりWANIMAオリジナル曲「JUICE UP !!のテーマ」となっている。
  • 「WANIMA〜ピザ・オブ・デス、WANIMA〜○○(開催地、イベント名、対バン相手の名前など)」「どう考えても日本で一番○○が好き、WANIMAです」「WANIMA、開催しま〜す」などのお約束MCがある。(レーベルが移籍してからはピザ・オブ・デスの部分をイベント名などに変えている。)
  • 「1106」(いちいちぜろろく)は松本の祖父へ向けて作られた。祖父が熊本県の漁師をしていたことにちなみ、PVは熊本の海上で撮影された。
松本は晴れ・雨・曇りの全ての天気が撮影で奇跡的に歌詞通りに訪れたと語っている[43]
  • 各メンバーのルーツミュージック[44]は以下の通り。
KENTA:餓鬼レンジャー火ノ粉ヲ散ラス昇龍
KO-SHIN:Ken YokoyamaRunning On The Winding Road
FUJI:長渕剛三羽ガラス

脚注編集

  1. ^ 西廣智一 (2014年10月22日). “WANIMA 気鋭メロディックパンクバンドが名門レーベルで新たなシーンを築く”. 音楽ナタリー (ナターシャ). 2017年5月21日閲覧。
  2. ^ a b 中沢純. “WANIMA 1st Mini Album Can Not Behaved! Release Interview Vol.01”. WANIMA Official Web Site. 2019年8月24日閲覧。
  3. ^ a b 岩崎一敬. “WANIMA 1st Album 発売記念インタビュー . Vol.01 3/3 / [Are You Coming? リリース特設サイト]”. WANIMA Official Web Site. 2019年8月24日閲覧。
  4. ^ a b ヤコウリュウジ (2014年10月21日). “【インタビュー】WANIMA、PIZZA OF DEATHからのリリース作で「行儀よくできない」1/6 ページ”. Barks. 2019年8月24日閲覧。
  5. ^ ヤコウリュウジ (2014年10月21日). “【インタビュー】WANIMA、PIZZA OF DEATHからのリリース作で「行儀よくできない」2/6 ページ”. Barks. 2019年8月24日閲覧。
  6. ^ 金子厚武 (2015年11月4日). “もう後戻りできないWANIMA、口癖のように「1チャンス」と叫ぶ”. Cinra. 2019年8月24日閲覧。
  7. ^ 西廣智一. “WWANIMA「Can Not Behaved!!」インタビュー”. ナタリー. 2019年8月24日閲覧。
  8. ^ WANIMA、1st EP『Think That...』を8/5発売&レコ発ツアーも”. RO69 (2015年6月25日). 2017年5月21日閲覧。
  9. ^ スペシャ「MUSIC AWARDS」でドリカム2冠、BUMPは投票1位に”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  10. ^ 星野源が「CDショップ大賞」受賞、準大賞は水カン&WANIMA”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2016年3月9日). 2017年5月21日閲覧。
  11. ^ 小林千絵 (2016年8月3日). “WANIMA 老若男女に届けるCM曲”. 音楽ナタリー (ナターシャ). 2017年5月21日閲覧。
  12. ^ WANIMA、たまアリで感激の初ワンマン「こんな景色を見せてくれてありがとう」”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2017年3月21日). 2017年5月21日閲覧。
  13. ^ JUICE UP!! TOUR FINAL(DVD)”. オリコン. 2017年11月8日閲覧。
  14. ^ JUICE UP!! TOUR FINAL(Blu-ray)”. オリコン. 2017年11月8日閲覧。
  15. ^ WANIMA、本日発売シングルから「CHARM」MVフルver公開”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2017年5月17日). 2017年5月21日閲覧。
  16. ^ “【オリコン】WANIMA、メジャー1stアルバムで初首位”. オリコン. (2018年1月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2104455/full/ 2018年8月27日閲覧。 
  17. ^ WANIMA、メットライフドームで7万人に感謝「連れて来てくれてありがとう」”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2018年8月27日). 2018年8月27日閲覧。
  18. ^ WANIMA新シングル「Good Job!!」発売、初回限定盤には未発表曲収録”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2019年1月10日). 2019年3月21日閲覧。
  19. ^ WANIMA、ニュー・シングル『Summer Trap!!』7月リリース”. billboard JAPAN (2019年5月15日). 2019年8月10日閲覧。
  20. ^ 週間 アルバムランキング 2019年11月04日付”. オリコン. 2019年10月30日閲覧。
  21. ^ “WANIMA、CD&デジタルアルバム同時1位【オリコンランキング】”. オリコン. (2019年10月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2147492/full/ 2019年10月30日閲覧。 
  22. ^ WANIMA、モヤさまED曲「BIG UP」PV公開
  23. ^ WANIMA「切手のないおくりもの」がCM曲に、明日「めざましテレビ」でOA
  24. ^ WANIMAが「8×4」CMに書き下ろし新曲提供「緊張しました」
  25. ^ au新CM、三太郎の挑戦を彩っているのはWANIMA!先行配信も決定
  26. ^ WANIMAの曲に松本人志が歌詞提案、4人でスタジオ入り
  27. ^ WANIMA新曲がマックシェイクCMソングに、MVで青春コラボ実現
  28. ^ WANIMA「CHARM」がキッコーマンの企業ムービー彩る
  29. ^ WANIMA「CHARM」をお守りに、受験生応援「ウイダーinゼリー」CMソングに決定
  30. ^ 「刑事ゆがみ」開催しまーす!! WANIMA、浅野忠信&神木隆之介ドラマに主題歌書き下ろし
  31. ^ WANIMA、1000人の18歳世代と作り上げた一回限りのステージが放送決定。地元熊本で語る18歳当時の話も
  32. ^ WANIMA、ふるさとの味「リンガーハット」CMソングを担当
  33. ^ WANIMA「シグナル」、広瀬すずが芝生でゴロ~ンするCM曲に
  34. ^ WANIMA、東出昌大×新田真剣佑「OVER DRIVE」で主題歌担当
  35. ^ WANIMA、マーベル映画「アントマン&ワスプ」盛り上げる
  36. ^ WANIMA、高畑充希主演の刑事ドラマ「メゾン・ド・ポリス」に主題歌提供
  37. ^ WANIMA「inゼリー」CMで受験生応援、スペシャルムービーの配信も
  38. ^ WANIMA、広瀬すず出演三ツ矢サイダーCMに新曲「夏のどこかへ」提供
  39. ^ WANIMAが劇場版「ONE PIECE」の主題歌書き下ろし「オファーを待ち続けていました!!」
  40. ^ 橋本環奈出演、「進研ゼミ中学準備講座」TVCM公開!「みんなのことを応援しています!」
  41. ^ “『オールナイトニッポン0』新パーソナリティ5組決定 欅坂46の新番組も”. ORICON STYLE. (2016年3月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2068942/full/ 2016年3月23日閲覧。 
  42. ^ 音楽ナタリー
  43. ^ http://natalie.mu/music/news/127098
  44. ^ https://www.youtube.com/watch?v=17wBY4Wz6W8

外部リンク編集