メインメニューを開く

WANIMA

日本のロック・バンド

WANIMA(ワニマ)は、日本ロックバンド[1]。所属事務所はPIZZA OF DEATH。レーベルはワーナーミュージック・ジャパン内の社内レーベルであるunBORDE

WANIMA
出身地 日本の旗 日本熊本県
ジャンル ロック
パンク・ロック
メロディック・ハードコア
オルタナティヴ・ロック
エモ
パワー・ポップ
ポップ・パンク
活動期間 2010年 -
レーベル PIZZA OF DEATH RECORDS
(2014年 - 2017年)
unBORDE
(2017年 - )
事務所 PIZZA OF DEATH MANAGEMENT(2014年 - )
公式サイト http://wanima.net
メンバー KENTA(ボーカルベース
KO-SHIN(ギターコーラス
FUJI(ドラムス・コーラス)
旧メンバー WAKITA(ドラムス)

目次

メンバー編集

メンバーは全員熊本県出身。

KENTA(ケンタ、 (1988-04-13) 1988年4月13日(30歳) - )
ボーカルベース ワンチャン 担当。本名は松本 健太(まつもと けんた)。天草市出身、O型。レフティ。座右の銘は「迷いなら捨てて、後腐れ無しで。」
KO−SHIN(コーシン、 (1989-03-30) 1989年3月30日(29歳) - )
ギターコーラス 無口 担当。本名は西田 光真(にしだ こうしん)。天草市出身、A型。過去に2年間、自衛隊に入隊していた経験がある。
FUJI(フジ、 (1986-08-08) 1986年8月8日(32歳) - )
ドラムスコーラス 大食い 担当。本名は藤原 弘樹(ふじわら こうき)。熊本市出身、O型。2012年より2代目ドラマーを務めている。

来歴編集

2006年
  • 前身バンド HANIMA の解散後、KENTA(Vo.Ba)は熊本から上京。
2008年
  • KENTAと幼なじみのKO-SHIN(Gt.Cho)が自衛隊を退役し上京。
2010年
  • 前任のドラムのWAKITAと出会い、WANIMAを結成。
2012年
  • 8月、前任のドラムのWAKITAが脱退。
  • 12月、ファッションブランド LEFLAH とコラボ開始。
  • 幼なじみではなく、学年も2学年上級であるものの同じく熊本出身のFUJI(Dr)が加入する。
2013年
  • 4月、2ndデモ 『HELLO!! MY NAME IS…』リリース。12箇所のツアーを自主で行い、ツアーファイナルは新宿ACBで行う。
  • 9月、ファッションブランドLEFLAHの4周年記念イベントに参加。
2014年
  • 2月、Ken Yokoyama “Peach Boys Tour”に4箇所帯同。
  • 3rd Demo『Feelings rip』をリリースし、東名阪ツアーを行う。
  • 8月にPIZZA OF DEATH RECORDSと契約した事が発表され、9月にはKen Yokoyama「Summer Fags Tour〜P.O.D. LEAGUE〜」に帯同する。
  • 10月、初の全国流通盤となる 1st mini Album『Can Not Behaved』をリリース。全国ツアー「Can Not Behaved Tour」を33箇所で開催、ファイナルは渋谷O-WESTにて行った。
2015年
2016年
2017年
  • 3月19日 - さいたまスーパーアリーナにて初のワンマンライブ「JUICE UP!! TOUR FINAL」を開催した[6]
  • 6月28日 - 映像作品『JUICE UP!! TOUR FINAL』をDVD・Blu-rayの2形態でリリース。DVDはキャリア史上初となるオリコン1位を獲得[7]し、Blu-rayでも3位とトップ3入りを果たす[8]
  • 5月17日 - 3rd SINGLE「Gotta Go!!」をリリース[9]
  • 11月12日 - WANIMAと1,000人の18歳世代(17 - 19歳)が一緒にひとつのステージを作り上げる「WANIMA 18祭(フェス)」を開催。
  • 11月16日 - 第68回NHK紅白歌合戦の出場が発表される。
  • 12月31日 - 第68回NHK紅白歌合戦初出場。
2018年
  • 1月23日 - 1月16日発売のメジャーデビューアルバム『Everybody!!』が、初週で12.6万枚を売り上げオリコン週間アルバムチャートで1位を獲得。また、同日付の週間デジタルアルバムランキングでも初週1万5225DLで1位を獲得した[10]
  • 8月25日 - 26日 - メットライフドームにて初のドーム公演開催、2日間で計7万人を動員。なお同会場でアリーナエリアをオールスタンディングにしたのは初[11]

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
インディーズ
1st 2015年8月5日 Think That... PZCA-72
2nd 2016年8月3日 JUICE UP!! PZCA-78
メジャー
3rd 2017年5月17日 Gotta Go!! WPCL-12663

配信シングル編集

発売日 タイトル
2017年3月8日 やってみよう
2017年10月26日 ヒューマン
2018年5月16日 Drive

アルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
インディーズ
1st mini 2014年10月22日 Can Not Behaved!! PZCA-69
1st 2015年11月4日 Are You Coming? PZCA-76 第8回CDショップ大賞2016準大賞受賞
メジャー
2nd 2018年1月17日 Everybody!! WPCL-12817

映像作品編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2017年6月28日 JUICE UP!! TOUR FINAL WPBL-90438/9(DVD)
WPXL-90160(Blu-ray)
オリコン最高位1位(DVD)
オリコン最高位3位(Blu-ray)
DVDは2枚組
本編LIVE映像+JUICE UP!! TOUR ドキュメンタリー映像収録

ミュージックビデオ編集

監督 曲名
岩谷泰裕 「雨あがり 〜LIVE HOUSE ver.〜」
黒田賢 1106」「BIG UP」「THANX」「TRACE」「ララバイ
谷川英司 これだけは(Short ver.)
不明 ともに」「CHARM」「リベンジ」「やってみよう

タイアップ編集

起用年 曲名 タイアップ
2014年 BIG UP テレビ東京系『モヤモヤさまぁ〜ず2』エンディングテーマ
2015年 TRACE スペースシャワーTV2015年8月度「POWER PUSH
2016年 切手のないおくりもの (Cover) リクルートカーセンサー」CMソング
ともに ニベア花王「8×4 ボディフレッシュ」CMソング
2017年 やってみよう au CMソング
CHARM キッコーマン CMソング
ララバイ リクルート「タウンワーク」 CMソング
これだけは 日本マクドナルド「マックシェイク×カルピス」CMソング
ヒューマン フジテレビ系 木曜劇場刑事ゆがみ」主題歌
2018年 Everybody!! リンガーハット「あさりたっぷり春ちゃんぽん」CMソング
シグナル ロッテ」CMソング
Drive 映画「OVER DRIVE」主題歌
JUICE UP!!のテーマ 映画「アントマン&ワスプ」オフィシャル・ソング

出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

主なライブ編集

ワンマンライブ・主催イベント編集

出演イベント編集

エピソード編集

  • バンド名は前ドラマーの「WA」、西田の「NI」、松本の「MA」と、結成当初のメンバーの頭文字を合わせたもので、現在は「WA」の部分は藤原(FUJIWARA)の「WA」としている[14]
  • ライブでの登場SEはスキャットマン・ジョンの「Scatman (Ski Ba Bop Ba Dop Bop)」であったが、TSUTAYA O-WESTで行われた「JUICE UP!! TOUR」初日公演 (2016年09月20日)よりWANIMAオリジナル曲「JUICE UP !!のテーマ」となっている。
  • 「WANIMA〜ピザ・オブ・デス、WANIMA〜○○(開催地、イベント名、対バン相手の名前など)」「どう考えても日本で一番○○が好き、WANIMAです」「WANIMA、開催しま〜す」などのお約束MCがある。(レーベルが移籍してからはピザ・オブ・デスの部分をイベント名などに変えている。)
  • 「1106」(いちいちぜろろく)は松本の祖父へ向けて作られた。祖父が熊本県の漁師をしていたことにちなみ、PVは熊本の海上で撮影された。
松本は晴れ・雨・曇りの全ての天気が撮影で奇跡的に歌詞通りに訪れたと語っている[15]
  • 各メンバーのルーツミュージック[16]は以下の通り。
KENTA:餓鬼レンジャー火ノ粉ヲ散ラス昇龍
KO-SHIN:Ken YokoyamaRunning On The Winding Road
FUJI:長渕剛三羽ガラス

脚注編集

  1. ^ 西廣智一 (2014年10月22日). “WANIMA 気鋭メロディックパンクバンドが名門レーベルで新たなシーンを築く”. 音楽ナタリー (ナターシャ). 2017年5月21日閲覧。
  2. ^ WANIMA、1st EP『Think That...』を8/5発売&レコ発ツアーも”. RO69 (2015年6月25日). 2017年5月21日閲覧。
  3. ^ スペシャ「MUSIC AWARDS」でドリカム2冠、BUMPは投票1位に”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  4. ^ 星野源が「CDショップ大賞」受賞、準大賞は水カン&WANIMA”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2016年3月9日). 2017年5月21日閲覧。
  5. ^ 小林千絵 (2016年8月3日). “WANIMA 老若男女に届けるCM曲”. 音楽ナタリー (ナターシャ). 2017年5月21日閲覧。
  6. ^ WANIMA、たまアリで感激の初ワンマン「こんな景色を見せてくれてありがとう」”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2017年3月21日). 2017年5月21日閲覧。
  7. ^ JUICE UP!! TOUR FINAL(DVD)”. オリコン. 2017年11月8日閲覧。
  8. ^ JUICE UP!! TOUR FINAL(Blu-ray)”. オリコン. 2017年11月8日閲覧。
  9. ^ WANIMA、本日発売シングルから「CHARM」MVフルver公開”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2017年5月17日). 2017年5月21日閲覧。
  10. ^ “【オリコン】WANIMA、メジャー1stアルバムで初首位”. オリコン. (2018年1月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2104455/full/ 2018年8月27日閲覧。 
  11. ^ WANIMA、メットライフドームで7万人に感謝「連れて来てくれてありがとう」”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2018年8月27日). 2018年8月27日閲覧。
  12. ^ “ゴールドディスク認定”, 日本レコード協会, http://www.riaj.or.jp/f/data/cert/gd.html 2018年2月16日閲覧。 
  13. ^ “『オールナイトニッポン0』新パーソナリティ5組決定 欅坂46の新番組も”. ORICON STYLE. (2016年3月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2068942/full/ 2016年3月23日閲覧。 
  14. ^ 音楽ナタリー
  15. ^ http://natalie.mu/music/news/127098
  16. ^ https://www.youtube.com/watch?v=17wBY4Wz6W8

外部リンク編集