メインメニューを開く

小林 栄(こばやし さかえ、万延元年7月23日1860年9月8日) - 昭和15年(1940年7月28日)は、日本の教育者。猪苗代日新館創始者。会津藩士の家に生まれる。現在の福島県猪苗代町出身。

人物編集

  • 明治元年(1868年)の戊辰戦争に兄とともに従軍。兄は戦死した。
  • 明治9年(1876年)、福島師範学校(現:福島大学人間発達文化学類)に合格。
  • 明治11年(1878年)、同校を首席卒業(1期生)し、教員となる。猪苗代高等小学校主席訓導(教頭)および校長などを歴任した。彼の教え子の中には、後に世界的な医学者となった野口英世がいた。
  • 明治44年(1911年)、猪苗代日新館を創立。
  • 昭和15年(1940年)、79歳で死去。なお、猪苗代日新館もその直後、廃校となる[1]

エピソード編集

  • 野口英世の生涯の恩師として知られ、野口の伝記では必ず彼のことが紹介されている。
  • 野口英世の「英世」という名の改名を薦めたという情報がある[2]
  • 会津会会員[3]

著書編集

  • 『野口英世の思出』岩波書店、1941 

登場する映画編集

脚注編集