メインメニューを開く

小柳芦太郎(こやなぎあしたろう、1878年7月1日-1946年4月20日)は、高砂部屋に所属した元力士。本名は安ヶ川芳太郎。現在の富山県砺波市出身。164cm、110kg。最高位は西前頭2枚目。

目次

経歴編集

1898年1月初土俵、1903年十両昇進。この頃は将来の力士と期待されたが、立合いが悪い力士だった。1905年1月入幕を果たし、2枚目まで進んだが病を得て十両に陥落。1911年2月限りで廃業。その後は輪島に住み、相撲指導行脚をした。

成績編集

  • 幕内12場所34勝41敗33休12分預

改名編集

立岩→小柳 [1][2]

出典 編集

  1. ^ http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=3572&l=j
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709