メインメニューを開く

小笠原下町駅(おがさわらしもまちえき)は、山梨県中巨摩郡櫛形町(現・南アルプス市)下宮地に存在した山梨交通電車線

小笠原下町駅
おがさわらしもまち
OGASAWARASHIMOMACHI
小笠原 (0.5km)
(0.3km) 甲斐大井
所在地 山梨県中巨摩郡櫛形町
(現・南アルプス市)下宮地
所属事業者 山梨交通
所属路線 電車線
キロ程 15.3km(甲府駅前駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1931年昭和6年)6月27日
廃止年月日 1962年昭和37年)7月1日
テンプレートを表示

目次

概要編集

専用軌道部分が全通した翌年の1931年昭和6年)、多すぎる乗客を分散させる目的で新設された駅で、小笠原集落の西端を下って行き、街道側の「下町」交差点から東西に走る道との交差点から南に100メートルほど離れたところにあった。北西側には末期の頃に峡西病院が開院している。1面1線の棒線駅であった。

歴史編集

隣の駅編集

山梨交通
電車線
小笠原駅 - 小笠原下町駅 - 甲斐大井駅

廃線後の状況編集

専用軌道の跡地である「廃軌道」上、県民の森入口交差点の南東角が駅のあった場所である。小笠原駅と同じく、峡西病院の南東部に当たる場所という目標物があるため、場所の特定はさほど難しくない。

参考文献編集

  • 花上嘉成『山梨交通鉄道線回想録』(「RM LIBRARY」5号、ネコ・パブリッシング刊、1999年)
  • 鉄道省編『山梨電気鉄道』(鉄道省文書)

関連項目編集