メインメニューを開く

甲斐大井駅(かいおおいえき)は、山梨県中巨摩郡櫛形町(現・南アルプス市)下宮地に存在した山梨交通電車線

甲斐大井駅
かいおおい
KAIŌI
小笠原下町 (0.3km)
(1.0km) 古市場
所在地 山梨県中巨摩郡櫛形町
(現・南アルプス市)下宮地
所属事業者 山梨交通
所属路線 電車線
キロ程 15.6km(甲府駅前駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1930年昭和5年)5月1日
廃止年月日 1962年(昭和37年)7月1日
テンプレートを表示

目次

概要編集

小笠原集落を離れ南に下っていったところ、櫛形町と甲西町(ともに現・南アルプス市)の境目附近にあった駅で、1面1線の棒線駅であった。1930年昭和5年)の開業時、貢川駅からここまでが開業区間であった。

当初駅名は国名がつかず単に「大井」であったが、国鉄との連帯運輸が始まったのを受けて1950年(昭和25年)に国名を冠した。

「大井」は地域名で、戦国時代まで続いた荘園「大井庄」にちなむ。武田信玄が幼少時学問を学んだ古長禅寺の所在地であるなど、武田氏ゆかりの地である。

櫛形町最後の駅で、次の古市場駅からは甲西町となる。

歴史編集

  • 1930年(昭和5年)5月1日 - 大井駅として開業。
  • 1950年(昭和25年)6月1日 - 国鉄との連帯運輸開始に伴い、甲斐大井駅に改称。当時、恵那駅が大井駅を名乗っていたため。
  • 1962年(昭和37年)7月1日 - 路線廃止により廃駅。

隣の駅編集

山梨交通
電車線
小笠原下町駅 - 甲斐大井駅 - 古市場駅

廃線後の状況編集

専用軌道の跡地である「廃軌道」上に駅の跡地がある。下宮地公民館の南側に窪地があり,小笠原下町からの距離等を考慮するとこれが駅跡であると思われる。ただし,昭和30年代の駅名標の前で撮影された女性のポートレート写真では、左側が小笠原下町となっていたので「廃軌道」を挟んだ東側にあった可能性もある。

参考文献編集

  • 花上嘉成『山梨交通鉄道線回想録』(「RM LIBRARY」5号、ネコ・パブリッシング刊、1999年)
  • 運輸省編『山梨軌道』(運輸省公文書)

関連項目編集