小笠原 信浄(おがさわら のぶきよ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将津軽氏(大浦氏)の家臣。諱は「信清」とも。伊勢守。

 
小笠原信浄
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 慶長4年4月19日1599年6月11日
別名 信清、明野與四郎
官位 伊勢守
主君 津軽為信
氏族 小笠原氏
テンプレートを表示

略歴編集

元々は信濃国深志郷の出身で、天文年間に陸奥国南部領の明野に移り、明野與四郎と名乗る。天文22年(1553年)頃より大浦為信に仕えた重臣で、さまざまな戦いで貢献したといわれる。森岡信元兼平綱則らと並んで、大浦三老の一人に数えられている。

文禄元年(1592年)、木庭袋(きばくら)と改姓し、居土村に隠居した。

参考資料編集