兼平 綱則(かねひら つなのり)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将津軽氏の家臣。森岡信元小笠原信浄と並ぶ大浦三老の一人。

 
兼平綱則
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 不明
死没 寛永2年6月11日1625年7月15日
改名 綱則→休道(号)
別名 通称:中書
官位 伊豆守
主君 津軽為信
陸奥弘前藩
氏族 称・藤原氏津軽氏支流兼平氏
父母 兼平盛純
信秋源八
テンプレートを表示

略歴編集

兼平氏は、大浦氏当主・大浦盛信の弟である父・兼平盛純が兼平村(現在の弘前市兼平)を領し、そこに館(兼平館)を構え、兼平を姓としたことに始まる。

大浦三老の一人として、大浦為信(津軽為信)に尽力し、数々の武功を上げた。参陣した主な戦としては和徳城攻め・浪岡城攻め・大光寺城攻め・天正7年(1579年)7月4日の六羽川合戦田舎館城攻めがある。

慶長19年(1614年)に隠居するが、その後も重大な政事には関与した。元和5年(1619年)7月、信濃国川中島藩への国替えの内示が来た際には、綱則が登城し、断固反対したと伝わる。

子・信秋、孫・信孝も津軽氏の家老職を務めている。