メインメニューを開く

小笠原 弘親(おがさわら ひろちか、1939年 - 2000年8月14日)は、日本政治学者。研究分野は政治思想史。

福岡県生まれ。福岡県立福岡高等学校を経て早稲田大学政経学部卒業、同大学院政治学研究科博士課程単位取得満期退学。甲南大学教授、1981年「初期ルソーの政治思想 体制批判者としてのルソー」で早大政治学博士大阪市立大学教授に転じ、在職中に死去。

著書編集

  • 初期ルソーの政治思想 体制批判者としてのルソー 御茶の水書房 1979.9

共編著編集

  • ルソー社会契約論入門 1978.4 (有斐閣新書)
  • 啓蒙政治思想の展開 市川慎一共編著 成文堂 1984.8 (近代政治思想の研究)
  • 政治思想史 有斐閣 1987.9 (有斐閣Sシリーズ)
  • 政治思想史の方法 飯島昇蔵共編 早稲田大学出版部 1990.4 (政治思想研究叢書)

翻訳編集

参考文献編集

  • 著書の紹介文