概要編集

 小笠原 敬承斎(おがさわら けいしょうさい、1966年 - )は、小笠原惣領家第32世当主・小笠原流礼法宗家である小笠原忠統の実姉である小笠原日英(村雲御所・瑞龍寺門跡12世、日英尼公)の孫にあたる。敬承斎は忠統の大姪にあたり、忠統の存命中は小笠原流礼法副宗家として小笠原流礼法の普及にあたり、1996年に忠統の没後、小笠原流礼法宗家に就任した。(なお、小笠原惣領家当主第33世は小笠原長雅が、小笠原家茶道古流第33世は小笠原玲子(心月斎)が、それぞれ継承した)。[1][2]

 小笠原流礼法の宗家として、伝書や教えに基づき、多くの門弟の指導のほか、さまざまな教育現場において指導にあたっている。伝統ある礼法を現代に活かし、学校、企業、各種団体においての講演活動、執筆活動など、さまざまな分野に活動を広げている。

略歴編集

著書編集

  • 「図解 美しいふるまい 小笠原流礼法入門」淡交社 1999 
  • 「美しいふるまい 小笠原流礼法入門」淡交社 1999
  • 「親子でまなぶ子どもマナーブック」 淡交社 2003
  • 「美しいマナー心得 小笠原流礼法」PHPエル新書 2003
  • 「まごこころの贈り物 母と子のごあいさつ読本」文春文庫 2003
  • 「おそれいります 小笠原流礼法・美しいことばとしぐさが身につく本」講談社 2005
  • 「マナー美人ブック どうして彼女には気品があるのか」大和書房 2005
  • 「聡明な女性は会話上手」三笠書房 知的生きかた文庫 2006
  • 「美人の教科書」 集英社 2006
  • 「美人の<和>しぐさ 大和撫子のマナー」 PHP新書 2008
  • イラストでわかる礼儀作法基本テキスト 日本能率協会マネジメントセンター 2009.8
  • 誰からも好かれる社会人のマナー 小笠原流礼法 講談社+α文庫 2010.7
  • 誰も教えてくれない男の礼儀作法 光文社新書 2010.10
  • 男の一日一作法 光文社新書 2011.11
  • 見てまなぶ日本人のふるまい 小笠原流礼法入門 淡交社 2011.3
  • 日本人なら知っておきたい 美しい10の作法 中経出版 2013.3
  • 賢人のアピール術 幻冬舎 2013.4
  • 暦のたしなみ〜しきたり・年中行事・季節のうつろいまで〜 ワニブックス 2013.12
  • 伯爵家のしきたり 幻冬舎 2014.1
  • 美しい日本語の作法 小学館 2016.1
  • 日本人のこころとかたち 淡交社 2017.9
  • 外国人に正しく伝えたい日本の礼儀作法 光文社新書 2019.1
  • 親子でまなぶ 礼儀と作法 淡交社 2019.2


共著

小笠原忠統 『和食のマナー手帳』 小学館 1996.12 

外部リンク編集

出典編集

  1. ^ 著作本紹介|小笠原流礼法について|小笠原流礼法ウェブサイト”. www.ogasawararyu-reihou.com. 2020年2月閲覧。
  2. ^ 小笠原忠統、小笠原敬承斎 (1996.12). 和食のマナーの手帳. 小学館.