小笠原 長瑶(おがさわら ながてる)は、江戸時代後期の陸奥国棚倉藩の世嗣。名は長瑗とも。官位壱岐守

 
小笠原長瑶
時代 江戸時代後期
生誕 寛政元年11月2日1789年12月18日
死没 文化6年7月11日1809年8月21日
別名 長瑗
官位 壱岐守
陸奥棚倉藩世嗣
氏族 小笠原氏(忠知系府中小笠原氏)
父母 小笠原長堯
兄弟 千勝丸、長瑶、義八郎、角之進、篤三郎、長昌長恒北条氏喬正室、
小笠原長保正室
浅野重晟
テンプレートを表示

略歴編集

2代藩主・小笠原長堯の次男として誕生。正室は浅野重晟の娘。

棚倉藩嫡子として育つが、家督を継ぐことなく文化6年(1809年)に21歳で死去した。

代わって弟・長昌が嫡子となった。