メインメニューを開く

小笠原 長昌(おがさわら ながまさ)は、陸奥棚倉藩の第3代藩主。肥前唐津藩の初代藩主。忠知系小笠原家9代。

 
小笠原 長昌
時代 江戸時代後期
生誕 寛政8年11月3日1796年12月1日
死没 文政6年9月29日1823年11月1日
改名 篤三郎、津八郎(幼名)→長昌
墓所 東京都文京区本駒込の龍光寺
官位 従五位下、主殿
幕府 江戸幕府
陸奥棚倉藩主→肥前唐津藩
氏族 小笠原氏
父母 父:小笠原長堯
兄弟 千勝丸長瑶義八郎角之進篤三郎長昌長恒
正室:水野忠光の娘
長行、娘(森忠徳継室)
養子:長泰

生涯編集

棚倉藩第2代藩主小笠原長堯の六男。兄たちがいずれも早世したために世子となり、文化9年(1812年)の父の隠居により家督を継いだ。文化14年(1817年)に棚倉から唐津へ移封されるが、棚倉時代の莫大な借金のために藩財政が窮乏化していた上、移封による金も賄えなかったため、それを補うために領民に献金を求めたり、「御国益方役所」を設置したりして財政再建を図ったが、効果はなかった。また、唐津焼に白紋の雲鶴を作らせたのは長昌である。

文政6年(1823年)9月29日、28歳で死去した。長男の長行は幼少だったため、養嗣子の長泰が跡を継いだ。