小谷耕蔵

小谷 耕蔵(おだに こうぞう、生没年不詳)は、幕末志士海援隊隊士。

越前国の出身。慶応初頭までに海援隊の前身である亀山社中に加盟する。慶応2年(1867年大洲藩いろは丸を隊が借り受けた際、その船長として長崎を出航した。しかしいろは丸は紀州藩明光丸と衝突してしまい、耕蔵は事態の収拾に奔走している。事件後は坂本龍馬らとともに紀州藩との交渉に出向いている。

やや粗暴な性格で、また隊内で佐幕論を唱えていたために、他の隊士からは煙たがられたこともあったという。その際に龍馬が「佐幕論者の一人も認められないこともないだろう」と擁護したために、龍馬に一層心酔したという。

参考文献編集

  • 新人物往来社『坂本龍馬大事典』
  • 松岡司『定本坂本龍馬伝』