長崎港(ながさきこう)は長崎県長崎市に位置する港湾である。港湾管理者は長崎県。港湾法上の重要港湾港則法上の特定港に指定されている。

長崎港
Nagasaki City view from Hamahira01s3.jpg
長崎港の位置(日本内)
長崎港
長崎港の位置(長崎県内)
長崎港
長崎港の位置(東シナ海内)
長崎港
所在地
日本の旗 日本
所在地 長崎県長崎市
座標 北緯32度44分40.2秒 東経129度51分59.7秒 / 北緯32.744500度 東経129.866583度 / 32.744500; 129.866583 (長崎港)座標: 北緯32度44分40.2秒 東経129度51分59.7秒 / 北緯32.744500度 東経129.866583度 / 32.744500; 129.866583 (長崎港)
詳細
開港 1571年
管理者 長崎県
種類 重要港湾,特定港
主要輸出品 産業機械
主要輸入品 液化天然ガス
統計
統計年度 2006
貨物取扱量 減少2,935,000トン
旅客数 減少1,185,000人
公式サイト 長崎港公式HP
長崎水辺の森公園
長崎港周辺の空中写真。港の西岸(左側)には造船所のドックが多数あり、対する東岸(右側)は丘陵上まで家屋が密集した市街地が形成されている様子が分かる。
1974年撮影の8枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

目次

概要編集

港を上空から見ると、鶴が羽を広げたような形に見えることから「鶴の港」とも呼ばれる。江戸時代は「鎖国」体制のもとにあって江戸幕府西洋中国向けに唯一公認した国際貿易港として栄え、明治以降は上海への航路の発地として貿易や旅客の行き来が盛んになった。

現在では、港町長崎の玄関口として、また離島の多い長崎県の交通の要衝であり港中心部の再開発も進んでいる。

主な施設・地区編集

  • 長崎港大波止ターミナルビル(元船地区)
五島列島や伊王島、高島などへの定期旅客船が発着する。
  • 長崎出島ワーフ(常磐・出島地区)
展望デッキやレストラン等が立ち並ぶ複合商業施設。
  • 長崎水辺の森公園(常磐・出島地区)
  • 松が枝国際観光船ふ頭・松が枝国際ターミナル(松ヶ枝地区)
国際クルーズ客船が接岸する。2010年には入管・税関機能を持った松が枝国際ターミナルビルが完成した。また、2012年には北隣に松が枝国際ターミナル第二ビルが完成した。
長崎県内で唯一の定期コンテナ航路を持つ埠頭。
  • 小ヶ倉柳国際ターミナル(小ヶ倉地区)松が枝国際ターミナルに客船入港時には上海航路のオーシャンローズがこちらのターミナルに入港する。

航路編集

 
出発を待つ九州商船の高速船

旅客航路編集

クルーズ編集

外貿コンテナ航路編集

港勢編集

下記のデータは2006年時点のもの。

船舶乗船人員編集

  • 1,185千人

海上出入編集

  • 貨物量
    • 総貨物量:2,935千トン
    • 外国貿易
      • 輸出:146,492トン
      • 輸入:354,675トン
    • 内国貿易
      • 移出:606,012トン
      • 移入:1,828,132トン

歴史編集

 
江戸時代の銅板図に描かれた長崎港
左下に出島が確認できる
 
1890年(明治23年)の長崎港と市街地

大正 - 昭和の上海航路編集

1923年(大正12年)、長崎・上海間に上海連絡船定期航路が開かれた。就航の第一船は日本郵船の貨客船「長崎丸」で、翌月には同型姉妹船「上海丸」が就航した。当時長崎 - 東京は汽車で36時間を要していたが、同航路は約26時間で連絡していた。

1930年(昭和5年)には長崎駅から出島岸壁に至る臨港線が完成し、長崎港駅が開設された。「下駄を履いて上海へ」と言われるほど、市民にとって上海は身近な存在だった。

1942年(昭和17年)、長崎丸が長崎港外で浮遊機雷に触れ沈没。翌年には上海丸も揚子江口で輸送船と衝突して沈没し、上海航路は幕を閉じた。

2012年2月、上海航路はHTBクルーズの豪華客船により復活した。暫定的に週2便の運航だが、濃霧などによる遅れの場合、折り返し運転のための時間が必要な分取れないため、近く、週1便の運航となる。2012年6月頃の改装後は一週間に複数便を運航する予定である。

2013年1月、上海航路は、尖閣諸島に端を発した日中関係の悪化により長期運休を行っていたが、2013年2月1日を始期とし2016年1月31日迄の3年間、海外事業法人との間において裸傭船契約を締結した。

イベント編集

 
長崎帆船まつり」時の港内

参考文献編集

  • 安野眞幸 『港市論―平戸・長崎・横瀬浦』 日本エディタースクール出版部、1992年。

関連文献編集

  • 岡林隆敏、吉田優「長崎港の埋立と近代都市の形成」、『土木史研究』第12巻、土木学会、1992年、 295-304頁、 doi:10.2208/journalhs1990.12.295

関連項目編集

外部リンク編集