小野 瓢郎(おの ひさごろう、1867年12月18日慶応3年11月23日) - 1921年大正10年)10月19日[1])は、日本薬学者従四位勲四等[2]薬学博士[2]富山薬学専門学校校長[2]愛知薬学校校長[1]。族籍は北海道平民[3]江戸出身[1]

人物編集

小野新之丞の五男[3]1893年7月、帝国大学医科大学薬学科を卒業して薬学士称号を得た[4]。医科大学助手となり愛知医学校教諭に任ぜられ1900年7月、愛知県技師に転じ1903年7月、愛知県立医学専門学校教諭に任じ1904年6月、休職となり1906年12月、愛知県技師に任じ1915年7月、薬学博士の学位を授与された[2][3]。同年富山県立薬学専門学校長兼教授[3]。富山市総曲輪に居住[3]。1921年10月19日死去[5]。享年55[5]。遺族宅は福島県伊達郡保原町字城ノ内(現伊達市[5]

家族・親族編集

小野家
親戚

脚注編集

  1. ^ a b c 小野 瓢郎とはコトバンク。2016年11月7日閲覧。
  2. ^ a b c d 『薬業年鑑 昭和10年』226頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『人事興信録 第5版』を24頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月7日閲覧。
  4. ^ 『東京帝国大学一覧 明治27-28年』418頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月7日閲覧。
  5. ^ a b c d 『薬業年鑑 昭和14年度』340頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月7日閲覧。

参考文献編集

  • 『東京帝国大学一覧 明治27-28年』東京帝国大学、1886-1912年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 薬石日報社編纂『薬業年鑑 昭和10年』薬石日報社、1935年。
  • 薬石日報社編『薬業年鑑 昭和14年度』薬石日報社、1938年。