小長谷女王(おはせじょおう/おはっせのおおきみ、生年不明 - 天平神護3年1月8日767年2月11日))は、奈良時代日本皇族天武天皇の第9皇子、忍壁親王の皇女[1]官位従三位尚膳

経歴編集

聖武朝天平11年(739年)正月、坂合部女王らとともに無位から従四位下に叙せられる[2]

その後も昇進を続け、淳仁朝天平宝字5年(761年)6月、光明皇太后の一周忌の斎会に奉仕し、正四位上から一階進められて従三位に昇叙される[3]

称徳朝天平神護3年(767年)正月、尚膳・従三位で薨去[1]

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『続日本紀』称徳天皇 天平神護3年1月8日条
  2. ^ 『続日本紀』巻第十三、聖武天皇 天平11年正月13日条
  3. ^ 『続日本紀』巻第二十三、廃帝 淳仁天皇 天平宝字5年6月26日条

参考文献編集