沖縄空手道剛柔流尚禮館

尚礼館から転送)

沖縄空手道剛柔流尚禮館は、1954年に渡口政吉が創立した空手である。

概要編集

尚禮館空手は剛柔流開祖宮城長順が亡くなった1953年に弟子である渡口政吉がコザ市(現在の沖縄市)で空手道場を始め、翌年3月に空手道剛柔流研究所を発足しのちに尚禮館となる。初代館長は渡口である。

初代館長を務めた初代館長の渡口政吉が沖縄本土で活動した時期は尚禮館と称しており、1960年以降東京に活動を移した際に尚礼館と改称している。

名称の由来編集

沖縄の誇りであった琉球の王である尚家の「尚」と守禮の邦の「禮」を字を頂き沖縄の伝統と誇りを守る空手として初代館長の渡口が命名した。

他の剛柔流空手との違い編集

渡口政吉は、宮城長順の空手の構想と遺志を受け継ぎ、当時未完成だった宮城の指導体系を再構築し新たに尚禮館の指導体系として完成させた。

  1. 普及型1・2・3 
  2. 撃破第1 第2 第3
  3. 鶴破第1 第2
  4. 白鶴の型
  5. 分解組手
  6. 基礎組手(初段から十段)
  7. 古流型の分解組手
  8. 少年部用の沖縄のリズムで行うリズム空手
  9. リズム棒術


年表編集

  • 1954年(昭和29年)沖縄県コザ(現在の沖縄市)で空手道沖縄剛柔流研究所尚禮館創立
  • 1958年(昭和33年)鹿児島県奄美尚禮館創立
  • 1962年(昭和37年)尚礼館目黒道場開設
  • 1963年(昭和38年)東京都中野区に尚礼館開設
  • 1963年(昭和38年)東京都中野区南部公会堂において、第一回尚礼館空手道大会主催
  • 1965年(昭和40年)全沖縄空手道選手権および演武大会主催
  • 1969年(昭和44年)東京本部道場新築し開設

出典編集

空手の心 著渡口政吉 角川書店

外部リンク編集