尹 公欽(ユン ゴンフム、윤공흠1913年5月18日 - 1974年)は、朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)の政治家朝鮮独立運動家中国共産党の影響を受けた延安派に属した。別名は李哲。

経歴編集

朝鮮平安北道博川郡出身[注釈 1]。1929年3月、嘉山公立普通学校6年を卒業。同年4月、京城第一高等普通学校(後の京畿高等学校)に入学したが、第三学年の冬に中退。1931年4月、日本飛行学校正科に入学し、同年6月に卒業。一旦故郷に戻ったが、同年8月に再び日本に渡り、日本飛行学校操縦科に入学。1931年5月、二等飛行機操縦士の免許を取得。

1933年4月、中国に渡り義烈団に加入。1934年4月、朝鮮革命軍事政治幹部学校第2期卒業[2]。同年6月に朝鮮に帰国後、労働者と連携して共産主義運動に参加。中国の義烈団との連携の下に飛行機を使い日本軍を攻撃して日本の要人を暗殺する計画を実行しようとするが、日本警察の捜査によって京城ソウル)で逮捕された。1934年11月に同志たちと一緒に裁判を受けた。

出獄後、再び中国に亡命。朝鮮民族革命党と朝鮮民族前衛同盟に加入。朝鮮義勇隊に参加。延安に行き、1939年に抗日軍政大学(第5期)を卒業[3]。1941年1月、華北朝鮮青年連合会委員に選出。1943年7月、朝鮮独立同盟延安分盟に配属。1944年10月、朝鮮革命軍政学校が設立され、金克と共に第4区隊の責任者となった[4]

1945年8月日本の敗戦により朝鮮が解放されると1946年8月に北朝鮮労働党の党中央委員に就任。1947年7月、内務局(局長:朴一禹)38度線警備隊長[5]。1948年、平安北道党書記[1]。1949年にはソ連へ留学した[1]朝鮮戦争中、第5軍団軍事委員[1]。1952年11月に商業相に就任した。1956年4月に党中央委員となったが、1956年8月に金日成首相)の独裁体制を批判し、徐輝李弼圭・金剛らとともに中国に逃亡した(八月宗派事件)。1974年、山西省臨汾市の紡績工場附属病院で医療事故により死亡した[1]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 金中生『朝鮮義勇軍の密入北と6.25戦争』は寧辺郡出身とする[1]

出典編集

参考資料編集

  • 韓民族独立運動史資料集 聴取書(尹公欽)” (韓国語). 国史編纂委員会. 2016年2月12日閲覧。
  • 尹公欽” (韓国語). 労働者の本. 2016年1月7日閲覧。
  • 日本航空学校韓籍飛行員” (中国語). 中国集刊網. 2016年1月7日閲覧。
  • 佐藤一一『日本民間航空通史』国書刊行会、2003年。ISBN 4-3360-4511-9
  • 6·25戦争史 第1巻-戦争の背景と原因 (PDF)” (韓国語). 韓国国防部軍史編纂研究所. 2019年7月4日閲覧。
  • 김중생 (2017), 조선의용군의 밀입북과 6.25전쟁 (eBook ed.), 명지출판사 

関連項目編集