メインメニューを開く

尼五山(あまござん)とは、室町時代五山の制に倣って尼寺に導入された臨済宗寺格尼寺五山(あまでらござん)という。

京都五山鎌倉五山に倣って京都鎌倉に各5ヶ寺が定められた。

住持には皇室摂関家以下有力公家足利将軍家(鎌倉では鎌倉公方家)などから輩出される事が多かった。応仁の乱後に衰微し、護念寺・檀林寺・東慶寺が男性住持に改めたり改宗したりして尼寺の形式を失った姿で存続しているのみで、他はいずれも廃絶した。

京都尼五山編集

  • 景愛寺 - 京都市上京区西五辻東町(五辻大宮とも)にあった臨済宗の尼寺。京都尼五山の首位。開創は建治3年(1277)、開山は如大尼[1]。室町時代に栄えたが、のちに廃絶した。末寺に宝鏡寺がある。
  • 護念寺 - 京都府京都市上京区南佐竹町、第二位
  • 檀林寺 - 嵯峨野にある檀林寺は無関係。第三位
  • 恵林寺 - 第四位
  • 通玄寺 - 第五位

鎌倉尼五山編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 如大尼は(安達泰盛娘)の安達千代野とも言われているが上杉氏の関係者との説もある。