メインメニューを開く

局所状態密度(LDOS: local density of states)とは、ある位置でのあるエネルギーをもつ電子の状態密度のこと。

理想的な結晶では、状態密度は全ての位置で同じ値をとる。しかし結晶構造に位置的な乱れ(表面欠陥など)がある場合、状態密度は位置についての関数となり、局所状態密度が有用となる。局所状態密度を位置について積分すると状態密度となる。

また局所状態密度をエネルギーについて(フェルミエネルギーまで)積分すると、電子密度となる。

測定編集

局所状態密度の測定は、走査型トンネル顕微鏡(STM)によって行うことができる。