メインメニューを開く

居抜き物件(いぬきぶっけん)とは、過去に入っていたお店内装厨房設備、空調設備、什器などの設備が残ったままになっている物件のことをいう。

目次

概要編集

一般的には前テナントが使用していた当時の状態のまま、看板などの付け替えのみで出店できる状態のことをいう。物件によっては、「床・壁・天井だけあります」「厨房だけあります」というように、内装の一部だけ残っている場合でも居抜き物件という場合もあるが、その場合は「一部居抜き」といった表現をすることが多い。[1]日本だけでなく、近年では東南アジアでも浸透してきている[2]

語源編集

賃貸物件は引き渡す際に原状回復、つまり空っぽ、”カラ”(卵の殻)の状態にするのが通例である。”カラ”と対比して、原状回復しない状態を中身のある卵に例えて”ゆで卵”、つまり関西弁で言う”煮抜き(卵)”と比喩で表現したのを、関西人以外の方が聞き違えて、知ったかぶりで”居抜き”と使い始めたのが浸透したとの説もある。[要出典]

メリット編集

メリットとしては、過去のお店から残されている内装や設備をそのまま使用できるため、初期投資を少なく抑えることができることがあげられる(ただし、中には造作譲渡料の支払いを求められることがある)。[要出典]

デメリット編集

一方、デメリットとしては、店内のレイアウトがある程度決まっているため、イメージ通りの内装にしにくい点があげられる。中には、過去に営業していたお店が経営不振のために撤退したケースも少なくなく、そういった物件の場合、周辺に悪いイメージが浸透していため、新たに開業してもマイナスのイメージをぬぐえないことも考えるので注意が必要である。[3]

スケルトン編集

床・壁・天井・内装などが何もない「建物躯体だけの状態」の物件のことは、「スケルトン」という。

店舗物件は「基本スケルトン渡し・スケルトン返し」が基本なので、返却する際はスケルトン状態に戻す必要がある。しかし、新たに出店するテナントが旧テナントと同じ業種であれば、内装をわざわざ壊さなくてもそのままで引き渡しができれば内装工事費用が節約することができ、かつ元テナントにとってもスケルトンに戻す際の解体工事費用を節約することができる。その結果、引渡時間の短縮によりその物件のビルオーナーにとってもメリットとなる。[1]

脚注編集

  1. ^ a b 居抜き物件とは? 居抜き交渉ねっと 2016年8月29日閲覧。
  2. ^ タイ、東南アジアのM&A 売買物件プラットフォーム BuyBuySearch” (日本語). 2019年5月1日閲覧。
  3. ^ コストは安いがリスクもある、居抜き物件の特徴 アットホーム 2016年8月29日閲覧。

関連項目編集