山下 聖美(やました きよみ、1972年8月 - )は、日本近代文学研究者、日本大学教授。

日本女子大学英文科卒業、2001年日本大学大学院芸術学研究科博士課程修了、「宮沢賢治研究史 日本における宮沢賢治の受容に関する考察」により芸術学博士。2000年日大副手、2002年助手、2007年芸術学部文芸学科専任講師。2011年芸術学部文芸学科准教授。2015年芸術学部文芸学科教授。

従来の宮沢賢治研究205冊を読破した成果が博士論文で、賢治研究をメタレベルで捉え精力的な執筆活動をしている。群ようこ論、林芙美子論もある。 また現在、学内サークル「日芸マスコミ研究会」の顧問を務めている。

著書編集

  • 宮沢賢治を読む D文学研究会・星雲社 1998
  • 検証・宮沢賢治論 D文学研究会・星雲社 1999
  • ケンジ童話とその周辺 D文学研究会・星雲社 2000
  • 宮沢賢治・「風の又三郎」論 D文学研究会 2002(D新書)
  • 検証・宮沢賢治の詩 1 春と修羅 鳥影社 2002
  • 宮沢賢治・『ポラーノの広場』論 D文学研究会 2003(D新書)
  • 検証・宮沢賢治の詩 2「永訣の朝」「松の針」「無声慟哭」 鳥影社 2004
  • ニチゲー力 日大芸術学部とは何か 三修社 2006
  • 一〇〇年の坊っちゃん D文学研究会・星雲社 2007
  • 賢治文学「呪い」の構造 三修社 2007
  • 宮沢賢治のちから 新書で入門 新潮新書 2008
  • 女脳文学特講 三省堂 2011


共著編集

  • ケンジ童話の授業 「雪渡り」研究 清水正、峰村澄子共著 D文学研究会 2005

外部リンク編集